新着Pick
419Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
20-30代女性に人気の、山中美智子さん(Instagramのフォロワー数は74.1万人)のビキニのブランド「ALEXIA STAM」も、先週ビキニ素材を使ったマスクを出して、即完売していたなあ。

なんだか気持ち良さそうなんですよね、水着のサラッとした素材って。
水着素材というのは、完全に意表を突かれたが、
なるほどなあという感じです。
扱いやすいし、洗ってもすぐ乾くのが水着素材。
元スイマーとしては
妙に納得してしまう。
これはほしい商品です。
水着素材とは!全然おもいつかなかった!
手洗い洗濯も簡単そうだし、とってもいいですね。

マウスカバーって言ってるのは、なぜなのか気になります…
額から落ちる汗が気になるランナー向けということですね。
D2Cシフトを象徴するようなニュース。
マスクが衛生用品からアパレル・スポーツウェアへの変貌を遂げつつある中、もう一歩先のウェアラブルデバイス化するところまではどのくらい時間がかかるのだろうか。
・アロマテラピー効果
・唾液等での健康管理
・冷暖房機能
などなど、できることはいっぱいありそう。
おー凄い凄い。ぜひ、これさえ着用すれば「応援(声出し)しても大丈夫」的な医科学的にお墨付き得た応援用マスクの開発を待ってます!
東京のような人口過密ではない田舎で走るときは原則、たまに人とすれ違う時だけマスクを口にあて、人が近くにいない時はあごの下に外しておきます。ですから簡単にずらせるマスクが欲しい!売ってないので自作してますがやはりイマイチ。スポーメーカーが作ってくれるとうれしいです。
もうすぐ、安倍晋三将軍様のくださるアベノマクスクが日本国民一人一人に届くはず。
何も慌てることはない。
アベノマクスクの機能性は安倍晋三内閣が誰一人として使って無いことで証明されています。
日本国民は等しく文句も言わずに使うように。
安倍晋三将軍様マンセー!
私に届いたら、勿体無くて直ぐに美を護る箱に入れておきます。
マスクと言えば布マスクというのが昔の一般用マスクの常識だったが花粉症が蔓延してどうしようもなくなる過程でお手軽な使い捨て不織布マスクは大量に生産されここ15年くらいはマスクと言えば不織布マスクという理解になっていた。
このコロナの影響で一気に不織布マスクは足りなくなる中で布マスクがあっという間に市民権を取り戻し、更にはファッション性や機能性、繰り返し使用含めて耐久性の潜在需要を一気に獲得し、機能材メーカーが矢継ぎ早にCSRの意味も含めて新規事業に乗り出すというこのダイナミックなプロセスをわずか1-2ヶ月でたくさん目の当たりにしている。とはいえ、世界的に見ればプールも閉鎖されてるところは多く、水着業界も今期は相当の苦戦だろう。五輪需要も遠のいてるし。マイナスをカバーし切れるわけではないだろうが…
夏にかけて暑苦しくないマスクが売れると思います!不織布や布のマスクは通気性が良くないので、水着素材のマスクがどれだけ通気性が良くて涼しいのか気になるところです。機会があれば試してみたいです。
ミズノ(登記上の商号:美津濃株式会社、英語: Mizuno Corporation)は、大阪府大阪市住之江区南港北に本社を置く、日本の総合スポーツ用品メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
576 億円

業績