新着Pick
78Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
堀田さんのような方がいることが嬉しい。

十分な説明と国民の理解を得る努力をすることなく物事が決められていくこれまでの状況に危機感を持つ。
元検察幹部の言葉は重い。
「政治による不当な定年延長を受け入れた黒川君の責任は大きいし、それを認めた稲田伸夫・現総長も検察への国民の信頼を損なった責任がある。2人とは親しいですが、それでも言わざるを得ない。自ら辞職すべきです。」
元法務相官房長の堀田氏の真っ当な主張。

稲田総長と黒川検事長が辞任して、検察が延長を受けないと宣言したら確かにそれは検察への信頼度は増す。
極めて真っ当なご意見だと思います。
見識ある方々なら、誇りある退場をして欲しいものです。
この経緯と状況で定年延長を受けて仕事を続け、まして検事総長に就任でもなさったら、政権に関係するどのような事案も国民から感覚的に疑惑の目を向けられ、検察への信頼が薄れるのは避けがたいでしょう。しかし、元の雇用主が様々な形で定年後の生活にまで影響を及ぼす我が国の終身雇用の慣行の中で、内閣が実質的な雇用主である行政官が、決まった人事に盾突くのも難しそう。もともとご当人たちが望んだものでないとしたら、不透明な解釈変更やら法案提出やらを離れても、罪つくりなことではありますね ^^;