新着Pick
157Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ロックダウン開始から約1ヶ月半が経過したNYでは、長期化する外出制限のストレスだけでなく、感染への恐怖、失業、身近な人の罹患や死亡など、様々なストレスに晒されており、ここ最近体調だけでなく、メンタルヘルスの調子を崩す方が増えてきています。

 体の健康維持だけでなく、こころの健康を守るため、新型コロナウイルスとどう付き合うか?以下に注意することが大事だと思います。

1. ストレスを感じている自分を受け入れる
2. ニュースやソーシャルメディアを見過ぎないようにする
3. 自分でできること、自分ではどうにもならないことを区別する
4. セルフケアに焦点を当てる
5. 規則正しい生活を維持する
6. 他者とのつながりを保つ
7. 辛い時は我慢せずメンタルヘルスの専門家に相談する

詳しくは以下拙文ご参照ください
https://www.jmsa.org/ja/2020/04/02/taking-care-of-your-mental-health-in-the-face-of-covid-19-outbreak/?fbclid=IwAR1o1CJwaDMiinHP960QXwbuBRQjsnb5N-1brOV4yREbzyGXAykWPrxtgX0
「適度に運動する」は大切。散歩はとても良い運動。
ストレスのある状況を受け入れて、どうストレスマネジメントをするのかが、今多くの人が直面している課題
5月は寒くもなく暑すぎもせず快適なシーズンです。外散歩にはうってつけ。自然の息吹を体感すれば、幸せホルモン(エンドルフィン)が放出され、ストレスは解消されるでしょう。

7つのヒントのうち、4つが「食」に関すること。健康的に過ごすためには、太り過ぎに注意ということでしょうか。いえいえ、味わいながらマインドフルに食すことが大切と言っています。
「ストレスは20〜30分間歩く、家の外に出る、新鮮な空気を吸う、といったことでも解消できる」
加えてお日様が出ているうちに散歩するというのも大事なんだろうなと思います。前職で通勤や外回りをしていたころは当たり前のように行なっていたことですが、フルリモートで仕事をしていると仕事が始まってから終わるまで外に出る機会がなく、意識して時間を作らないと日光に当たってないという日が増えます。結果、体調やメンタルにも不調を感じていた時期がありました。

デジタルな生活になるので少しでも身の回りに意識を向けるために好きだった俳句を始めました。今はお休みですが、句会など外に出かけることも増えとてもよかったと思っています。
十分な栄養と適度な運動が、やはり大事です。日中少し運動するだけで、睡眠の質もグッと良くなるもの。ただし、自分がまさにそうだが、食べ過ぎにはくれぐれも注意しましょう!
毎日の営みを丁寧に行っていた頃のライフスタイルに戻ること、
”食事作りを楽しみ、食事の雰囲気を楽しみ(食器やテーブルの飾りつけなど)、食べるのを楽しむ”
これが健康的に過ごすための秘訣ということですね。
家のデスクに大好物の茎わかめの袋をおいて、間食を置き換えるようにすると、食べすぎの罪悪感がなく、ハッピーになりました。ヘルシーおやつにおすすめです。