• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

バフェット氏、航空株すべて売却 「世界は変わる」

日本経済新聞
1153
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

選択しているユーザー

  • 農業生産法人GRA 代表取締役CEO

    バフェットが航空株を売るというのはパラタイムシフトの象徴。しかもウイルスにやられたのではなく、リモートワークの有効性に人々が気がついちゃった事がとどめだったというのが本質だろう。


注目のコメント

  • 一橋大・京都大学客員教授 インテグラル取締役 京大経営管理大学院客員教授

    世界の航空市場は、一旦、大きく縮小し、ゆっくりと回復し、コロナ前までにはなかなか戻らないと思います。
    一方、一旦縮小した市場でも現金が流出しないようにするため、固定費の大幅削減が必要で、航空機と人員の大幅削減する企業が増加。
    一旦、落ち込んだ航空市場に見合うまで企業が縮小し、その縮小幅は、国や企業によって異なるので、航空業界の地図が大きく変わると思います。


  • Aviation Wire 社長 兼 創刊編集長

    ボーイングなど当事者側の見通しもある程度の回復は早くて2年という見方が目に付きます。ビデオ会議の普及で出張は減ると思いますが、一方で対面コミュニケーションの必要性もしばらくすると再評価されるでしょう。

    とはいえこれまでの航空需要がそのまま回復するとは思えず、航空会社は非航空系の売上増といった転換が求められます。

    旅客機の客室構造も、旅客需要が減少した際に貨物搭載に適したコンフィグにすぐ転換できるようにするといった新ビジネスが生まれるかもしれません。新たな機体改修ビジネスの誕生を期待しています。


  • badge
    エコノミスト『投資一年目のための経済・政治ニュースが面白いほどわかる本』発売! Good News and Companies 代表取締役

    バフェット氏、さすがにこの環境下で米国の航空株を売却と。政府の救済策だけでは、withコロナが長引くとなれば持たない可能性も。一方で業界へのエールも。LCCなども方向転換を求めまれていきそうです。


    いま一番強いのは、withコロナが長引いても業態変化させやすく凌げる業界なのかも。航空業界は世の中に必要な業界だけど、すぐに方向転換とも、、


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか