新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
楽しく拝読。

コロナ自体がストレスのきっかけ(ストレッサー)であり、そのストレッサーを、「自分のストレスにさせ続けると決めるかどうか」は自分自身です。
だから、「ストレスは自分自身」という言い方も認知行動理論やラザルスのストレスコーピングの理論では可能です。

その意味では、「若者が遊んでいる」「高齢者が外に出ている」、、、うんぬんが、「ストレス」になるかどうかは、その人の「考え方のくせ」によります。

「なぜ自分は、この状況にストレスを感じるんだろう?」
という自問自答によって、「なんだ、ストレスになる必要はなかっった」と気づけることも多いのは、それが理由です。