新着Pick
53Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
プロ野球のコロナ支援がこのような仕組みになっていることは知りませんでした。

公表している方、していない方含めて、スポーツ選手個人での寄付はよく聞く話ですが、この仕組みの良い点は、スポーツ選手に賛同するファンや一般の方の支援も巻き込んで規模を大きくできることですね。
寄付の募集を開始するまでに1ヶ月かかったのでは寄付の目的である社会のニーズが変わってしまっているおそれがあるという点もそのとおりで、スピード感もすばらしいです。
今回の選手会のコロナ支援は、今までとちょっと違いました。
スピードと柔軟さがあった背景には、基金とクラウドファンディングの特徴を本当にうまく組み合わせた取り組みに、選手会もそのいち賛同者として参加をしました。
これまで積み上げてきた信頼感がベースに、人々の想いが相まって実現した出来事かと思いますが、きっかけを作った選手会のアクションは、スポーツの持つ力の一端を感じさせてくれるものかと思いました。
プロ野球選手がReady Forを支援した背景が知れて面白かった。
すごいスピード感だった裏には影響力が大きい団体がアクションをする上でどの団体を勧めるのか、自分たちでやるのか既存の団体を後押しするのかなどの、様々な検討ポイントがどのように判断されたのかがわかりやすく伝わる貴重な記事ですね。

野球なんてほとんどコンタクトがないんだから無観客で再開しても良いと思うんですよね。観客は試合にいけなくてもそれこそクラファン的に試合ごとに投げ銭すれば試合結果と収益との直接的な関係も見られて面白いと思うのですが。

関係者の定期検査と試合当日の検温を徹底すれば、クラスター化することも少ないと思うし、そもそも無観客なら0密だし。エンターテイメントがこれほど必要とされている時代はない中で、何でもかんでも自粛ムードに風穴を開けるスポーツ団体が早く出てきてほしい?
スポーツ X クラウドファンディングの相性の良さがよくわかる事例だと思います。
この連載について
Twitter https://twitter.com/SportsPicks_NP NewsPicks発のスポーツメディア。記事、動画、イベントなどを通して「スポーツの見方をアップデート」していく。長友佑都氏、末續慎吾氏、清宮克幸氏ら豪華連載陣やインタビュー、スポーツの真相に迫る特集を更新していく。