新着Pick
49Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近良く思うのですが、、、
コロナウィルスは検査の手間と精度が発見、および封じ込めを困難にさせている。
ならば、リトマス試験紙のような、簡単な反応検出を作れないか。
既存のPCR検査も、咽頭採取偽陰性でも、糞尿からは陽性検出されるという論文がある(NatureMedicine)

https://www.nature.com/articles/s41591-020-0817-4#citeas

糞尿であれば、排出物に製紙を浸すだけという検出方法も使える。また、特殊な作業は不要となるため、反応さえ視覚通知(色が変わるなど)すれば個人で可能になる。
あとは、解析と、反応物質がわかれば、それを製紙に織り込んで、、、各家庭に配布。各地域自治体で、結果を収集・管理と。
他に考えている方居ませんか?
アメリカの大規模抗体検査を日本も実施するのはいかが。アメリカでは無作為に選ばれた郡内の1000人の成人を対象に行われ、ドライブスルーの検査場を設けて、2週間ごとに血液を採取して抗体の量を確認し、過去に感染したことがあるかどうかを調べる。日本人の抗体と死亡者の数が少ないことの関係を知るために。
さすが、新型コロナウィルス対応では完全に米国のヒーローとなったDr.Fauci、極めて正しいアプローチですよね。

なぜなら、無症状の人たちは検査にも来ないからです。また、検査しにきて「Negative」でも、実は「感染回復済」かもしれないのです。

故に全体像を正確に見極めるには「抗体検査」がとても有効ですよね。

ただ、カリフォルニアは、米国内でも、特異的に感染拡大が抑制されている州なので、それが他州にも適用できるデータになるのかはわからないことが唯一の懸念点です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この抗体検査は日本で行われるPCR検査と違い、ウイルスではなく感染後にできる抗体を見るもの。
外出規制の解除に役立つと思われるが、抗体のできる量・保持できている期間は人によって違うため安易に抗体を持ってるからと外に出ると再感染するため希望の光だが万能の検査ではないことに注意。