新着Pick
22Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現時点では戻りを試す局面が引き続き。それなりに勢いもある。こういう時は売り材料が出ても、市場の反応は限定的。あくまでも一時的なものと念頭に置きつつ、その次を考慮した場合でも、ここで一定以上の水準をクリアしておくのは悪いことではないと思う。相場は相場に聞けであって、それ以上でもそれ以下でもない。
リーマンショックと比べると、原因がウイルスなのでリーマンの時の様に自業自得で潰れそうな金融機関を救うべきかどうかといったモラル面の議論も少なくて済むことから政府が躊躇なく大胆な支援をしやすいのが決定的な違い。

今後は実需が戻る時期が見えて来れば先行きの不透明感が払拭され株価も持ち直す可能性が高い。
9日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均は「前日比285.80ドル高の2万3719.37ドル」で取引を終えています。