新着Pick

コロナ時代の在宅勤務、その傾向と対策。生産性を高めるコツ

AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
246Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナ時代も何も、単に急に「はい明日からリモートね」と言われたというところでしょう
そんな始め方で生産性が上がるわけがないでしょう
記事にある通り本来はしかるべきプロセスを整備してからのスタートが本来の手順ですがそこをすっ飛ばしているので、まずは社内手続きなどをリモート対応させることが重要でしょう
弊社も在宅勤務を推奨しており、社員の大半は在宅勤務です。
以前から家庭の状況に合わせて在宅勤務ができる仕組みにはしていたので、在宅勤務、言うても行けるやろと思ったのですがやってみると色々と綻びが出ますね。SDGsでも多様な働き方を推奨していますが、オンライン会議などの仕組みを提供するだけでは実際仕事が即座にうまくいくわけではないことを実感しています。
緊急事態が解除されても、治療薬が十分手に入る状態にならない限りは、輪番制での出社なども出てきそうです。しばらくは各社、個人が試行錯誤かなと思いますが(自分自身も含めて)、こう言う時こそ「こういう働き方がいいんじゃないか」という意見を色々会社にぶつけてみるのも良いかもしれないと思っています。
結局、コロナに伴う強制的働き方改革で無駄な仕事があぶり出され、日本みたく長期停滞している国はより縮小均衡に向かいそうで怖いです。
在宅勤務をやりたい人だけが率先してやっていた2ヶ月以上までまでの時代と、在宅勤務ができる職種の人は全員が在宅勤務をやるという今の時代では、在宅勤務への取り組み方に違う点が結構あります。

以前であれば、チャットやWeb会議で必要以上に交流するなんてナンセンスでしたが、今はそうも言っていられないのが事実です。只でさえ労働力不足に悩まされている企業が多いのだから、少しでも多くの人が在宅勤務に馴染めるような配慮が求められるということだと思います。
弊社も在宅勤務に切替ましたが、朝礼、終礼でコミュニケーションを取ること、今日のファッションとか気楽な雑談を入れるようにしています。

一人で黙々と作業をするのは集中力が続かず孤独を感じるので、メリハリをつけるために1日2件以上、誰かとzoomで話をするアポを入れています。

これも社員に子供がいないから環境を維持できていることではありますが。
ラボなどの「現場」と、チームの「インタラクション」が制限されることから、「セレンディピティ」の機会が減少し、イノベーションが減少することは避けられないでしょうね。

在宅勤務に関しては、いろいろ書かれていますが「物理的(場所、部屋)、心理的にオンとオフのパーティション」を設定することが大事ですね。

ただ、大人だけなら良いですが、小さな子どもがいる場合には、それが非常に困難になるので、「子連れ在宅勤務」は、通常の「在宅勤務」とは別物と捉えるくらいの配慮が必要だと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
午前中は子どもいない(教室開放にいかしている)ので捗るが、午後は横槍入るので辛い。

フリーランス、会社経営時代は家にホームオフィス作り、いい椅子もあったのだが、今はない(職住近接なので職場行けばいいと思ってた)。腰が痛くなるのでソファに吸い込まれがち。
シュンペーターはイノベーションは新結合により起こる、つまり異なる知の掛け合わせが必要だと言っています。一方でリモートワークが中心となると、フィジカルには偶発的な掛け合わせが難しくなる(たまたま他部署の知り合いすれ違う、などななくなる)。会社としては、ランダムランチ的なものやオープンZoomセミナーのような機会を通じていかに繋がりを創出していくかが、イノベーション創出の発生率に影響してくるかもしれません。
ーーー
ブルーム氏は、「2020年はイノベーションが失われる年になる」と想像している。科学者やエンジニアは、ラボや研究室で適切な機具を使って、多くの場合チームで試行錯誤を繰り返しているのが通常である。それを自宅から個人で、どの程度適切に働くことができるかは目に見えている。これが、今後の経済に影響する。
働くことの概念が大きく変わりそうですね。確かに仕事との切り替えが一番難しいかもしれません。