新着Pick
220Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
過去コンテンツの保有量は、ユーザーとの最適なマッチング力があって、初めて効果を発揮します。過去の視聴履歴からのオススメを超えられるかが、ポイントになると思います。
 
また、ライブ配信はまだまだ開拓の余地がある分野です。スポーツやコンサートを中心に広がるのか、もしくは新ジャンルが台頭するのか。注目ですね。
「世界の映像配信プラットフォームは、近い将来はディズニーとHBO MAXという2つのハリウッド系と、Netflixとの三つ巴の戦いになる可能性が高い」、つまりアマゾンが劣後するとみる。そして現在、日本アニメには、ヨーロッパで民放が増えた70〜80年代、北米でCATVが成長した90年代末に並ぶ3度めの海外買付チャンスが来ているとみる。数土直志さんの分析。なるほど。日本には映像配信プラットフォームとして張り合えるプレイヤーがなく、コンテンツを海外にバラ売りしていく戦略が大事になります。先日の規制改革会議でも議論になりましたが、これに対し日本の放送局がどういう立ち位置を取るのか、問われるところです。
動画配信事業とコンテンツ事業を分けて考えなきゃだめ
いつもここがごっちゃになってるから空論になる
各社の独占作品に注目が集まりやすいですが、独占ではない複数のサービスで配信されてる作品を、取りこぼしなく揃えられるかも重要だと思います。
視聴者の気まぐれ
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
19.8 兆円

業績