新着Pick
144Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
退任後にまだあまり時間が経っていないにも関わらず、監督対象先の社外取締役に就任することには「あまり賛成できない」(悪い先例にもなるのではないか)。

ただ、仮に彼が、アフラックに「フィデューシャリー・デューティー(顧客本位の業務運営)の徹底」を求めるようなことがあれば、これは見物だ!さすがに、それができるほどの大人物ではないだろう、とけしかけてみたい。
英国などを始め海外では官と民の間で人的交流が盛んなので、利益相反などの問題がなければ別に問題は無いと思いますが。
唾棄すべき財務官僚と云えば、元国税庁長官の佐川クンと元金融庁長官の森クンが双璧だ。首相官邸に取り入り、3年間の長期独裁を続けた森クンが、退官直後に金儲けの個人会社を立ち上げ、さすがの菅官房長官も「あってはならない(非常識)」と絶句したのは、よく知られている。
あのスルガ銀行を「地銀の成功モデル」と持ち上げ、金融庁の推奨銘柄にした森クンが、反省のかけらもなく外資系保険会社の社外取締役に収まるとは――。怪しい個人会社でどれだけ稼いでいるのか。僕に云わせりゃ、霞が関をぶっ壊した「悪漢」だよ。

本当のことを書くのはFACTAだけ!
2019年3月20日号より

☆前金融庁長官「森信親」が個人会社設立の謎
https://facta.co.jp/article/201904039.html

<「株式会社日本金融経済リサーチ」――。金融庁長官であった森信親氏が昨年7月17日に退官してわずか1週間後に設立した個人会社である。霞が関の次官や長官が退官直後に個人会社をつくったケースは寡聞にして知らない。……その法人登記によれば、日本金融経済リサーチの目的は、①金融、経済、政治、社会及び産業等に関する調査、研究、講演、執筆及び情報提供、②企業経営に関する助言、指導及び研究、③投資に関する助言、指導及び研究とある。もし、節税目的の個人会社なら、社名は「森企画」当たりが穏当なところだが、金儲け全開モードの社名である。……>
金融庁OBが監督対象先に再就職することについて、この森前長官のアフラック役員への就任の件のみならず、否定的な意見もありますが、個人的には官民の知見がこのような形で相互に共有されることは望ましいと考えています。
勿論、官庁主導の天下りが実質的な慣行として運営されていたり、在任中から就職活動に精を出したりと、監督行為にバイアスがかかることは避けるべきであることは言うまでもありませんが、金融行政に携わった知見を金融業界の発展のために活用しないことはもったいないと感じます。
本件については、それよりも外資系保険会社に森前長官の有限なリソースを奪われる前に、資産運用会社等の日系金融機関が同様のポジションでその専門性や知見等を活用できるように運べなかったのだろうかと、個人的には残念に思います。
前金融庁長官の森信親氏が米生命保険大手、アフラック・インコーポレーテッドの社外取締役に就任するとのこと。
監督官庁とっぷでいらしたんですね。
なんら問題ない。ご活躍期待してます