新着Pick
747Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スタートアップはとにかく危機への対応スピードが全て。3-4月が勝負なのですぐに動きましょう。そして松下幸之助さんの好況よし、不況なお良しというマインドに学ぶ時だと思います。

大企業はいかにここでイノベーションを推進出来る会社に生まれ変われるかが勝負。短期の対応を淡々としつつ、5年後の飛躍をイメージして動くのが非常に大事。

イノベーション政策の一丁目一番地である
オープンイノベーション促進税制についての最新情報動画もぜひご参照下さい!!
https://youtu.be/NwiK3rFw0Xk
必読記事。
特に最後の締め括りが秀逸です。


『コロナショックで大きかったのは、みなが「自分は日本人なんだ」と痛感させられたこと。海外渡航が禁止されて、みんなが国という枠組みを強く感じたはずだ。
これまでは個人主義的に「日本が危機になれば、日本から逃げればいい」と言う人もいたが、それは現実的でないことを悟った。
国からは逃げられないのだから、みなで力を合わせてこの国をよくしないといけない。』
不況時にこそ、スタートアップの真贋、とりわけスピードとビジョンが問われる。斎藤さんが薦める松下幸之助を筆頭に、今こそ不況を乗り越え、世界企業となった先人に学びたいところです。

【ホリエモンVS斎藤祐馬】起業家にビジョンは必要か? https://newspicks.com/live-movie/505/
下記のデータが面白かった。米国も世界も、不況期でもシード投資が金額で増えている。不況だろうが好況だろうが、スタート時点では売上ないのだから関係ないし、むしろ起業自体もリストラがきっかけで始めたり、あとは採用コストが好況期より安いというのはあると思う。
危機・不況の時に、次の成長は萌芽すると思っている。
https://newspicks.com/news/4754373
デロイトトーマツベンチャーサポートの斎藤さんの記事、「スタートアップが不況時にやるべきこと」がまとまっていて、とても良かった。

資金調達、費用改革、営業改革、採用改革など、やるべきことが明確になる、力強いメッセージ。
英国FinTechのスタートアップが集まるコミュニティは、COVID-19対応ソリューションのデモ版を2日で作成し、政府や企業に利用を働きかけています。

COVID-19で突然職を失った人たちの所得証明や本人確認をオープンバンキングを活用して即座に取得できるものを作成しています。あるいはCOVID Creditという融資も。

現金給付ではなく、デジタル給付やデジタル融資を即座に実行するインフラを構築するという姿勢は、見習わなければと思いました。
経済が右肩上がりで資金が潤沢な時は、Cheap Moneyを使って圧倒的な拡大が求められ、不況になると小さくてもいいから即座のプロフィットを求められます。最も重要なことは外部環境を正しく判断し、その外部環境で最も正しい生存戦略のプロットを引くことだと考えます。よく言われることですが最も強い種が生き残るのではなく、最も環境に適応した種が生き残るというのはスタートアップも全く同じだと感じます。
スタートアップが長く続く会社になるための秘訣が詰まった記事。攻めと守り、売上増とコスト減、スタートアップ文化と大企業文化というような相反する2つのことを、両方できる会社になることの重要性を改めて痛感しました。
さすが松下幸之助としか言いようのない知恵
"「いかに不況がチャンスであるか」がしつこく説かれている。「へこんだときの負を次の成功に活かす」という「負のレバレッジ」の感覚を持つことが重要"
3ヶ月売上ゼロになるつもりで対応しないといけないとブラジルの著名キャピたリストが言っています。すなわち、切れるコストは全部切り、調達できる資金は何でもとる。サバイバルモード。日本はそこまでではないのかもしれませんが。