新着Pick
85Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ヴァーチャな世界もリアル。
とっても興味深い。

現代のパラレルワールドとして世界は拡張していくのだろう。
これから、人はリアルとヴァーチャ2つの世界をパラレルに生きるようになる。会議やイベントあるいは教育の場などを皮切りにでこういう世界が当たり前のように広がっていくのだと思う。


ヴァーチャとリアル2つの世界で複数の人格を持つ。複数の世界を持つ。そうなることで可能性が広がることは数々ありそう。
バーチャルが働き方のバリエーションを増やす。

出社 vs. リモート、リアル vs. バーチャルなど、二者択一の議論ではない。

選択肢の1つとして、アバターを活用すればいい。どう活かすかは、働く人の柔軟な思考力に依存する。

働くことによる価値創造に着目すれば、対面でのコミュニケーションが苦手な人も、貢献度の高い仕事ができるはずです。
アバターは必要なのかという議論が良くありますが、当事者達が快適に働く環境を整える要因の一つになっている限り、必要なのだと思います。勿論、人によって好き嫌いはあると思うので、万人共通の仕組みにはならないかもしれませんが、少なくともHIKKY社では必要な仕組みです。

この手の好き嫌いが別れる仕組みは従業員が増えれば増えるほど、採用するのは難しいですよね。おそらくHIKKY社はアバターが当たり前の様に存在する社風に馴染める人を採用の条件に入れているのではないかと推測します。従業員人数が決して多くなくても、自分達のモチベーションを上げる仕組みを持っている会社は強いですよね。