新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
韓国の本音と戦略がよくわかる記事だった。「びくともしなかった日本」という見出しから、韓国が「日本を変えてやろう」という意気込みで日韓対話に臨んだことがわかる。「韓国政府と関連消息筋などによると、GSOMIA終了カードは日本に通じない雰囲気だという」とある。この記述のなかの「GSOMIAカード」いう言葉からも、韓国が日本による輸出管理措置撤回のために日韓安保協力を利用していることがわかる。米国が激怒する話。それに昨年11月、土壇場で韓国がGSOMIA延長決定をしたとき、日本は韓国が破棄決断をすることを前提にして様々な影響を検討した。そして破棄で損失を被るのは韓国のほうであり、韓国は思い止まってほしいと思っていたこと。このことが韓国であまり知られていないことがわかる記事だった。日韓間の摩擦は韓国の勘違いから発生していると思う。そして、日本国内の嫌韓論が摩擦を激化させてしまったのも事実。
韓国は輸出管理の法制度の不備を是正した、審査の人員を増やして強化したとの説明だろう。
問題はそれがどこまで実効的か。形だけ整えるのではなく、日本は韓国の対応が本当に効果的かどうかを見極める必要がある。徴用工問題と絡めているわけではない。

かつてある識者が「米国が韓国にGSOMIAの延長させると共に、日本の輸出管理措置もやめさせることにした」とコメントしたことに対して、私はそれは邪推だと言ったが、今の事態を見ればそれは明らかだろう。