新着Pick
741Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シャンプーではありませんが、飲料の世界には千三つという言葉があります。一年で新しく世にでる商品は1000あるが、うち生き残るのはたった3つ程度だと。いかに、ヒット商品を生み出すのが難しいかを語っていると思います。

大手も消費者アンケートの結果をもとに商品開発をしていますが、それでもやってみないとわからない。

そこをECプラットフォーマーをうまく使うことで、リスクを最小にし、継続的なチャレンジをしているI-ne。

そして、ECプラットフォーマーもリアル店舗も流通チャンネルとして持ちながら、世界観を崩さない。

IPOをしたキャスパーの苦境が海を渡って伝えられていますが、ボタニストの行く末は、日本のD2Cブランドがどんな道筋で成長できるのか。どこまで成長できるのか。未来を占う一つのポイントになるかもしれません。
ボタニストというナチュラルな言葉と、シンプルなパッケージデザインがオシャレ要素を連想させます。

感性第一主義と思いきや、徹底したデータ活用をベースにしたビジネスモデル。IPTOSの思想はユニークです。
パッケージがシンプルで透明だから、どこにおいても周りとぶつからない、無印的なポジションだよね。

とにかくデザインしすぎ、主張強すぎな製品ばかりで、目立ちすぎて万人受けしないものが多すぎた
BOTANISTが教えてくれること3つ

・オンラインとオフラインは分けないこと
・感性とデータの両軸で考えること
・限定性、プレミアム感を大切にすること