27Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
明らかに人員不足だし、リーダーシップも不在で、今後のことを考えると専門チームやある程度のマニュアルは絶対に必要(そもそもSARS経験国では国内のマニュアルがある程度あったと思われ、それに加えてクルーズ船の問題は国際的に作るべきかもしれない)。

当初から外国人についてはチャーター機でできるだけ迎えに来てもらい、日本人についても武漢に迎えに行った要領で風通しのいいところに隔離するということはできなかったのだろうか。(知り合いの医師の方が「かんぽの宿とか無駄に立ってる宿泊施設こういうときに使えないのか」と言っていて、確かに‥と思ったのだけど。。)クルーズ船は宿泊施設が整っているとはいえ、感染者がどこを触ったかもわからない状態で、医療搬送も困難を極めたはず。

武漢チャーター機の迎えは比較的うまくいっていた印象。いずれにしてもこういうことを感染症の専門知識がある人が意思決定できる指示系統の見直しも必要。結局ここの対策のまずさが、頑張ってくれたDMATチームの差別とかにもつながって色々な悪循環を生んでいる…。
中に複数人感染者がいて自由に行き来していたわけで、その時点で中は全部レッドゾーンな訳です。
本来なら船の外にテントなり、仮設プレハブなど運んで、そこまで閉鎖した通路でつないでそこで検査する。検体の扱いや事務作業はまた別のプレハブで行うなどしないといけなかったのでは。
さもなくば中に入る人全員防護服。外に出るところに、密封できる袋。出た時に消毒など。
何もうまく機能してなかった

---
船内では活動のための安全・危険ゾーンの区別が一応あるものの十分ではなく、「感染する可能性はあると思った」とも語った。
 「医療班に感染症専門医は1人しかおらず、発言力も弱くリーダーシップを発揮できていなかった」と指摘。今後の教訓として、感染症の流行に対応するための専門組織を国内に設置する必要性を訴えた。
いろいろな情報がでてきていますが、やはり船内の状況はそれほど良くなかった、政府発表に不信感を感じます。真実を知りたいところです。
ManpowerGroup Inc. is engaged in providing workforce solutions and services.
時価総額
4,906 億円

業績