新着Pick
216Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
40歳以上になると、第一印象が一番当たるような気がします。
悪いことばかり考えてやってきた人は、殆どの場合悪い顔になっています。いい顔をして悪いことを考えられないからだろうと思います。ある年齢以上は、履歴書よりも第一印象がその人を表していると思います。
顔は作るというより、作られるもの。

その人の考え方や性格そして経験など、生き様が顔に現れますからね。

人相により印象は大きく変わります。笑顔を大切にしましょう。嘘くさい作り笑顔はダメですよ。
エイブラハムリンカーンですね。
彼は確か「男は」という前提がついていたかと思います。時代ゆえなのか、男に対するメッセージだったのかは今となっては知るよしもありませんが。

少なくとも男安東はこの言葉が好きで、たまに思い出して意識します。
諸先輩方を見ても40才以降の男のかっこ良さは、もって生まれた容姿というよりは、仕草、表情、目付き、オーラだったりします。それらは恐らく、どういう人生を歩んできたのかに拠るでしょうから、やっぱり自分の責任だと思います。
「表情がいい」顔には人をひきつける魅力が備わる。前職時代から多くの経営者にお会いする機会に恵まれましたが、魅力的な経営者は第一印象も良く、不思議と社内外の人々を惹きつける魅力のある方が多い気がします。
習慣、癖、性格が顔に影響を及ぼすというのはその通りですね。気をつけます。
表情筋も筋肉なので、筋トレすることで、鍛えられます。

意識しないと、普段の表情、感情により顔がつくられます。

意識すると、自分がイメージする顔に近づけることができます。

ちなみに、英語の発音も似ています。

発音をよくするためには、口、舌の筋肉を鍛えると効果的です。

米国勤務になってから、笑顔を心がけた結果、少し効果がでてきた感じです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
「顔は口ほどにものを言う」ということです

顔というより、正確には目元や笑い方など「表情」なんでしょう。
コミュニケーション能力にも関係していると思っています。
性格をよろしく保つ努力をすること、というのは、
セルフコントロールをしっかり自然に行う生活習慣
を身につける努力をすること、と言い換えたら、
わかりやすいかも知れません。肝に銘じたい。
頭髪は一体どうすればいいのか。。