新着Pick
24Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あちゃー。ピックした記事には出ていないが、今地上波のニュースは、豪当局が「船内の状況を考えれば、陽性反応が出たのは予想の範囲内だ」としたと述べていた(静かに伝わってくる苛立ち…)。
他国の帰国者にも同様の陽性者が見つかると、日本の衛生当局は信用を失う恐れ大。
厚労省は陰性の人は下船した後自由にして良いと言っているようだが、こういう事例があるので、あまりにも楽観的。PCR検査をしたのが下船一週間前という人もいるので、船内感染状況を考えると、楽観視しない方が良いと思う。
このニュースを受けてもダイヤモンドプリンセスからの下船を続けるのだろうか。諸外国と同じく陰性でも2週間の完全隔離を経ての市民生活への復帰としてほしい #新型肺炎
こんなのは明らかだった!クルーズ船の感染対策は全くコントロールできてない。下船した人たちの中からも同じように検査後二次感染している可能性はかなりある。この状態で公共交通機関が帰したり外出を自由にとかあり得なさすぎる。今からでも皆さんに14日間は自宅待機を要請すべき。後DMATのお医者さんたちや政府関係者、クルーの人たちも同じようにするべき。そうしないと更なる二次感染のリスクが高まる。


帰国した乗客はクルーズ船から下船した際には症状は認められず、ウイルス検査では陰性だったということです。

オーストラリア保健省は「ここ数日のクルーズ船での感染拡大を考えれば、出発前にすべての検査を受けているにもかかわらず、帰国後に陽性反応が出たことは予想の範囲内だ」としたうえで、感染が拡大しないように、あらゆる対策をとっていると強調しています。
予想されたことではありますが、船内の検査で陰性と出たらから公共交通機関で帰宅、という決定が大間違いであったことが確かになったと思います。

検査しても偽陰性が出る確率も一定あるわけですから、厳密に感染防止するなら下船して改めて2週間隔離しかないでしょう。

武漢からの飛行機の時はホテルなどの施設を使ってうまくやれていたのに、非常に残念です。