新着Pick
89Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今朝話題の、感染症専門家である神戸大学教授の岩田健太郎先生の投稿動画、14分はぜひ全編ご覧になって欲しいところですが、時間がない方向けに、テキスト書き起こしの記事をご紹介します。ダイヤモンドプリンセス内部で今何が起きてるか。
今、国としての新型コロナウイルスに関する発表は、実態からかけ離れた小さい数字であると思ってます。隠蔽云々というより「検査もできなくて、経路も追えず、把握できてない」というアンコントローラブルな状況に陥ってるのが原因で、運良く検査してもらえた方が数字として発表されたり、隔離入院できたりしてますが、その時点では1週間以上に渡り公共交通機関で移動したあとで、連鎖は広がります。自分の身は、家族の身は、社員の身は、自分で判断して守るしかないと思います。
乗船したプロだからこその必読の解説。

ただ、やはりこの批判の仕方では行政の態度は硬化してしまいます。
自衛隊のツイートに批判を載せてリツイートするなど、課題解決ができる当事者である行政との感情的な合意プレセスを飛ばしてしまっては正しい意見も届きません。


誰よりも実態を理解している方だからこそ、
双方で歩み寄って問題解決に近づいて欲しいと願います。
衝撃。誰を責めるでなく今はとにかく自分の頭で考え自分で出来ることを最大限。
日本政府はダイヤモンドプリンセスやその乗組員、乗客に損害賠償請求起こされるだろうし、そうなっても全くおかしくない証言ですね。

そして、この「専門家が一人もいない、あるいは入っても、自分たちの仕事を否定されている感じがしてムカついたといって排除される」中で、みんな「一所懸命仕事をする」、そしてみんな感染するみたいな構図って、まさに太平洋戦争の時の日本軍じゃないかと。

さらにいえば、これは日本軍に限らず、
多くの企業や学校、グループでも同じだよねと思って、

「ひどすぎる!」とは全くならなかった僕の感覚は日本の組織病に侵されているなとつくづく感じました。

しかし、人の命が掛かっている以上、早急に改善をのぞみます。
この動画の後に、橋本岳厚労副大臣がツイートされていますね。以下、引用。

「なお昨日、私の預かり知らぬところで、ある医師が検疫中の船内に立ち入られるという事案がありました。事後に拝見したご本人の動画によると、ご本人の希望によりあちこち頼ったあげくに厚生労働省の者が適当な理由をつけて許したとの由ですが、現場責任者としての私は承知しておりませんでした。」

「お見掛けした際に私からご挨拶をし、ご用向きを伺ったものの明確なご返事がなく、よって丁寧に船舶からご退去をいただきました。多少表情は冷たかったかもしれません。専門家ともあろう方が、そのようなルートで検疫中の船舶に侵入されるというのは、正直驚きを禁じ得ません。」

「ただの感染症蔓延地域ではないのです。本件は厚生労働省本省に伝え、なぜこのような事案が発生したか確認を求めています。」

それぞれの主張を読んだ上で動画で話されている内容を信じるかどうか、判断すれば良いかと思います。個人的には告発者が粛清される何処かの国のようにならなければ良いなと思います。最近の政治をみていると、不都合な真実を晒された後の姿は、成熟した国の政治と思えないものもありますので。
アンコントローラブルなる言葉で表されると、かつてよく耳にした「アンダーコントロール」を思い起こす。あれはコントロールできていてのだろうか。そして今のクルーズ船内はコントロールされているとはとても思えない状況のようだ。

岩田先生の情報を鵜呑みにしてしまいそうなのは、官僚機構の歪みで専門家軽視されている状況が、多くの人に想像しやすいものだからだと思うのだ。

現実はシン・ゴジラのようには行かないし、尾頭ヒロミは得られない。
なんか怖くなってきた。無駄かと思いつつも家中に消毒薬をぶちまけてる...
【社会】YouTubeの方を見る時間がなかったので書き起こしの方を読んだ。これ、隔離された船の上だけで行われていることだから、ある意味で被害は「限定的」にすんでるということだよね。もし船内と同じ状況が陸の上でも行われていたら…。
私は最初にこの動画を見たのは、知人の安倍政権を支援している人から(私の知人は両翼にいる)是非観るべきと知らされた。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
2.16 兆円

業績