新着Pick
234Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そもそも、ダイヤモンドプリンセス号は、アメリカの会社が運営しています。
→運営会社は日本法人ですが、アメリカ企業の子会社

東アジア地域のTourismブームを見越して日本を拠点に営業しているようです。

日本政府は、乗客の多数が日本人だった為寄港を認めましたが、香港で降りた乗客が新型肺炎だと分かった後もブュッフェを提供する等の初動ミスは運営会社にも非があるのではないでしょうか?

アメリカのメディアがダイヤモンドプリンセス号について、どこまで調べて日本政府を批判しているか分かりませんが、日本政府も言うべきことは言うべき。
国際社会では、お人好しは損します。

あと、下手に平等を重要視するのは日本人、日本の悪いところだと思います。トリアージ的発想をもっと徹底するべきだったかもしれません。

カンボジアに帰港した船に日本人が5名いて、日本大使館は人を派遣しています。
ダイヤモンドプリンセス号に関しても、乗客がいる各国の大使館員は当然派遣しているんですよね?
そういうところは全然報道しないのも良くないと思います。
狭い船内で感染者と一緒にいたら、健康な人たちにも次々と感染するのではないかと、私も思っていました。

とはいえ、米国と違って日本には感染の疑いのある人たちを受け入れる十分な設備がありません。
隔離のための病室も不足しているそうですし・・・。

人口密度の高い首都圏に、感染の疑いが濃厚な人たちを散らばらせる訳にはいかないでしょう。

後から避難することは誰にでもできます。
今は、将来のことを考えるときです。
米国メディアからの批判は致し方ないところがあると思う。これが日本の外で起こっていた場合、日本のメディアもその様な報道になる可能性はあると思います。
日本政府も、いろいろとシミュレーションを行いながら、最善策を取っていることと思います。今日も、厚労省、ソフトバンク、LINEの連携によって、iPhoneが2000台配られています。
船外へ出ることができる様になっても、船に残りたいという人たちもいる様です。部屋のドアには船員の皆さんに感謝する手紙が貼られていたりもするようです。
誰にとってもいい方法を取ることは難しいと思いますが、この困難な状況を少しでも良くできる様に、引き続き、尽力をお願いしたいです。
そりゃあ、もし日本人数百人が外国政府によって外国の港に留め置かれ、そのせいで感染してなかった人まで次々に感染したら、日本世論は非難轟々だったでしょう。

他者の視点に立って見ることはとても大事ですね。
早い時期に、アメリカ、韓国、カナダ、オーストラリア、香港などの国は、クルーズ船に乗っている自国民を自国に引き取るためにチャーター機派遣を日本政府に申し出て自国民を帰国させるべきだった。日本政府も各国に対して、そうするのが各国政府の責任だと発信するべきだった。今からでも遅くない。各国政府は明日までにチャーター機で自国民を帰国させる決定をしていただきたいと連絡すべき。
初動が遅かったのは言うまでもない。ただ感覚が鈍い政府の割には比較的動いている方だと思う。グローバルではもっと二歩も三歩も進んでいるので、全体的には動けていないに等しいと言われても仕方ないけど。
米国のインフルエンザは例年のことで、1万人~6万人/年の死者がでているので、それの良否はともかく、医療制度などの要素が絡む問題ではありますが、「例年のこと」なので、それと新型肺炎を比較するのはやめるべきです。

米系メディアだけでなく、日本の行政の対応に関しては、そのリスク管理意識に対しての温度差に対してネガティブな報道が増えてきていると感じます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
株式会社コロナ(英語: CORONA CORPORATION)は、新潟県三条市に本社を置く、暖房機器や住宅設備器などの製造販売を行うメーカーである。東京証券取引所第一部上場。 ウィキペディア
時価総額
251 億円

業績