新着Pick
229Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
カウンターだけのコーヒーショップも
セールスのいない保険屋さんも
はじまりは皆『非常識』
自分の提案も嗜められるほど可能性がある、と信じてみる。
今では普通になった「保険の比較」ですが、取材をしながら「そういえば昔はかなり大変だったなぁ」と思い出しました。
私の医療保険がかなり昔に入ったもので、いざ盲腸で入院したとき使おうと思ったら、なんと一週間以上入院しないと見舞金が出ず。。
いまどき、一週間以上入院するとか相当の大病ですよね(苦笑)
定期的な見直しの重要性を痛感した体験でした。
そういったユーザー側の「不便さ」を大改革したのが、今回お話をお聞きした勝本社長です。
同じく(業界は違いますが)日本のコーヒー文化を大改革した松田公太さんと対談していただいているので、ぜひぜひご一読ください。
「変わらないもの」と諦めない人だけが偉業を成し遂げられるのだと、襟を正す思いです。
将来どうなるかなんて、2年後であっても革新が持てない時代であるからこそ、自分がよいと思ったものに関しては、誰が何といっても、自分の勘を信じて、自分の考えに賛同してくれる人を巻込みながら進むしかないのだと思います。

時代の流れが変わってくれば、懐疑的だった人も協力的になってるので、成功するかどうかは、それまでの自分を信じることができるかどうかなんだと思います。
>アイデアを実現する原動力は、結局のところ「自分の圧倒的な確信」
その通りだけど、たった一つではないな。最近のNP、タイトルに魂を注ぎ込み好きだな〜
この連載について