新着Pick
1637Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
重要な決断をする人、何かを生み出すクリエイティブな人ほど、しっかり眠ったほうが良いということです。

『1日7時間の睡眠時間を確保。クリエイティブな力を発揮するには1日7時間は睡眠時間を確保することが大切だという。多忙であるからこそ睡眠をしっかりとり、心身の疲れをリセットして日中のパフォーマンスを向上させている。』
マインドエクササイズで、心と体、そして頭を豊かにする。

誰にでもできそうなシンプルな習慣。当たり前のことだが、同じことをやって、誰でもビル・ゲイツのようになれるわけでない。

ポイントは、心と体を良好なコンディションに保ち、好奇心を持って学び続けること。

ビルの頭の中は、インプットされた情報が高速で処理され、創造的な関連付けの連鎖が起きているに違いない。
1975年にマイクロソフトを創業し、45年目になるマイクロソフトは今も世界時価総額ではTop5に入り続けている。Netflixでビル・ゲイツのドキュメンタリーを観てから、そのすごさにあらためて感服しています。

読書量とその知識、思考力、先を読む力が今なお圧倒的なのは、習慣にしているからなのでしょうか。私は以前、瞑想体験した時に、うまくできなかったので、今度チャレンジしたいです。
・他社のやる事を徹底的に真似る
・対抗者を徹底的に潰す
・気づかないうちに依存させる
・アップデートさせ続ける
年に2回の「考える週」!

仕事もせず、家族との連絡も絶って、じっくり自分と向き合い続けるのですね。

簡単に見えて、実はとても根気も忍耐力も必要な習慣。

私だったら3時間しか持たなそうです。。
同じことをやっても、ビルのようにはなれませんよね。(笑)

成功要因は人により千差万別なので、こういった「誰々の習慣」というものは、自分に合っているものも、そうでないものもあるので注意してください。

ただ、ここに書かれている「睡眠」「瞑想」「考える時間」「読書」は、とても一般的なものなので、どれも一般論としては良いと思います。

逆に言えば、「この当たり前のことを地道に実行し継続する」ことが一番すごいことかもしれませんね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
睡眠6時間説もありますが、ゲイツ氏は7時間なんですね。以前、日本の著名経営者は、「6時間は何がなんでもとる。結果、翌朝の出張で新幹線、飛行機のドタキャンもある。秘書は大変なんだけど。」と話されていてビックリしたこともありますが、習慣にするための規律だったと思ってます。
一年に一度、"将来"を深く考える時=モメントを持つことは、誰にでも必要だと思う。2週間でなくとも、1週間でも十分だと思う。その時間の100%を将来のことだけに使えるのならば…。大事なのは、自分なりの"OUTCOME"を如何に導き出すか。
ここでも、"OUT of BOX"的な思考が必要になると思う。自分を俯瞰し、時間軸を思いっ切り振り切ってみるもの良いと思う。人間、歳を重ねると、勝手に制約条件を設ける習慣が付いているので…。私は、キャンプで焚火鑑賞しながら、一人の"考える時間"を大切にしてます。夏は、虫の声が五月蝿過ぎる時もあるけど…、オススメです。
マイクロソフト創業者ビルゲイツの話!
> クリエイティブな力を発揮するには1日7時間は睡眠時間を確保することが大切。多忙であるからこそ睡眠をしっかり
寝よう😪
毎回ビル・ゲイツのこの話題には読者は入っている。それにしても彼の読書の量は半端ない。他の睡眠、瞑想、休暇など自分自身への投資からマネージメントが徹底している。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。 ウィキペディア
時価総額
170 兆円

業績