新着Pick
40Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
確かに、以前プロ野球チームの観客動員数の重回帰分析をしたことあるのですが、チーム順位の説明力がかなり高かったです。
スポーツを科学的に分析して誰もが真似ができる仕組になれば、欧州の様にスポーツが文化に深化出来る。是非チーム成績と事業の相関関係を見える化してください。
決算説明資料読む限りは全体収益の伸び109億円に対してライオンズを含む「その他収益」が+7億だけなので「ライオンズ好調で」と呼ぶのは…??なのですが、こうしてグループの象徴ブランドとしてスポーツ新聞に露出されるだけでも保有する意義の一部になってるのでしょうかね。

今季もライオンズオフィシャルサプライヤーとして球団収益に貢献していきます!
スポーツコンテンツが持つ様々なビジネスを繋ぐハブ機能に注目すると、直接的な収益への貢献以上に間接的な収益獲得への貢献が大きかった(推察)ということだと思いますが、そういう見方をする人が増えてきていること自体が一歩前進ですね。
スポーツ新聞なのでこのような見出しになると思うのですが、皆様は間違わないように。金額の絶対数を確認するようにしましょう。もちろん以前よりもライオンズの売上が増えているのは間違いありませんが。ライオンズはグループの中ではブランディングを期待されていて収益への期待はそれほどありません。

ちなみに日経新聞の記事によると西武HDは通期(決算は3月)の業績予想を下方修正していました。
球団が事業の収益に貢献するというのは本当に素晴らしい。広告費だと言われていた時代と違ってしっかりと利益をもたらす存在になっている。選手やチームスタッフにしっかりと還元してあげて欲しい。
株式会社西武ホールディングス(せいぶホールディングス、Seibu Holdings Inc.)は、西武鉄道やプリンスホテル、及び埼玉西武ライオンズ等を傘下に持つ、西武グループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3,277 億円

業績