新着Pick
306Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「目の前の仕事に一生懸命にならず、一足飛びに面白い仕事ができる人材になれるわけがないとも思っていました。」「当時は、先輩に誘ってもらう飲み会も新鮮でした。ほとんど毎晩、深夜までお酒を飲んでいましたが、飲み方やしゃべり方、立ち振る舞いから学ぶことはたくさんありました。」

ほんとそう。反面教師も含め、人から学ぶことが大事。
迷ったら、おもしろい方を選ぶ…完全に同意ですね。"面白い!"と思えるものは、おそらく自身にとっては"刺激的"なことが多いと思うし、簡単に対処できるものは、直ぐに飽きると思うので、結果的にツマラナイということになる…。人生は選択の連続だが、トコトン熱中できる"面白い!"を軸に選択することが自身の成長を実感出来ると思う…。Follow your curiosityですね。
一燈照隅、万燈照国。持ち場で全力を尽くす。

>この実務も全く嫌ではなく、与えられた仕事の期待値を超え続ければ、次はもっと面白いことを任せてもらえるだろうと思っていました。
>目の前の仕事に一生懸命にならず、一足飛びに面白い仕事ができる人材になれるわけがないとも思っていました。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。