新着Pick
3029Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
>商品、流通、価値の3つが揃うことで、我々は良いビジネスを立ち上げられましたし、それこそが我々が訴求していきたいこと

アマゾンでは売らないことを美学のように語られているし、私も素晴らしいことだと思うが、その裏では、「流通」と独自の「価値」を生み出すという、異なる分野への追加のリソース投下がバランス良く同時に求められる。
ほんの数年で立ち上げるのはとても難しい舵取りだったと思います。

私は、素晴らしいモノやサービスが、中間商流を介さない(余計なコストをかけない)で最終消費者まで適正価格でたどり着く世界が理想だと考えています。
現在、そんな世界にはまだ遠いけれど、まずは、D2C企業が多くなることと、リスクを取らない卸業者が極力排除され、(利益を独占しない)大きなプラットフォーム企業に集約することによる二極化。二つの大きな陣営の併存なのかなと思っております。
苦境が続く日本のアパレル業界。既存企業は、そこに光を見出そうとしているのか、D2CとEC・オムニチャネル強化というキーワードに踊らされている経営者か、いまだに何も変えない経営者の二手に分かれていることを嘆きます。ぜひ、この2つのメッセージを受け止めて欲しいです。

◯実は、D2Cの中でも、ディープなR&D(研究開発)と、良い流通戦略を結び付けている企業は数えるほどしかありません。

◯アマゾンや楽天のようなECのプラットフォームは、あらゆる製品のカタログみたいなものです。自分たちのブランドが、機能の一つみたいになってしまう。しかも、ストーリーテリングは失われ、製品にかけてきた「深み」も損なわれてしまう。
BlueBottleといいAllbirdsといい、日本マーケットに対するものの見方がとても似ている点は興味深い。日本のD2Cは米国のそれとは異なる形で展開していくはずだという仮説も、そのような背景があるのだろう。
クラフトマンシップを強みとしたデザインを単にモノに留めず売り方を含めた顧客体験全般に展開し、かつスケーラブルなモデルとしていくためにITとパートナーシップを活用するというアプローチを、徹底的に真似れば、日本からも素晴らしいD2Cスタートアップを生むことができるはずだ。
「俺たちは『スローファッション』だ」。

5年でユニコーンになった爆成長企業の何がスローなんだと思ってしまいましたが、ほんの数年前まで隆盛だったファストファッションが、環境や倫理的な意味を含めて苦戦しているなかで、D2Cブランドにはこうしたストーリーを何よりも重視しています。

もう一つは、アマゾンに対する明確かつクリアな分析と姿勢です。

いずれにせよ、製造から流通、マーケティング、デザイン、リアル店舗の出し方まで、ありとあらゆる要素をロングインタビューで語っていただきました。なかなか得られない知見が詰ったインタビューなのではないでしょうか。
先日、さっそく買ってきた。以下、その所感。
・1万2500円という値段が絶妙。環境意識が強いタイプではないが、この値段で拘って作られた製品を買えると「なんかいい気分」になれる(あくまで主観)
・製品は快適。買ったのはウールランナー、ふわふわで気持ちいい
・一方で、ABCマートで並べられていたら買うか分からない。試着まで至らなかったり、試着しても買わない可能性も。製品自体で他と違う圧倒的な差があるかというとそうではないと思う。ただストーリーや店舗体験など色々な積み重ねが購買意思決定につながり、その設計が競争力(障壁にまでなっているかはまだ分からない)
・店舗設計は面白い、たしかに試着のためにサイズ違いを取ってくる時間は短かった。一方、店舗に入る人数を制限していたので、外で待つ時間が長かった(これはそのうち解消される?)。椅子の違いは、記事で初めて知った
・データについて、買うときに「当店はレシートをメールでお送りしているので、名前とメールアドレスを入力ください」と言われた。自然に個人情報を取得していて上手いと感じた(今のところレシート以外のメールは来ていない)

ブランドは、一気に育てるものと、時間をかけて育てるものがあると思う。どちらが正しいではなく、個社・個別の製品によって違う。そのなかでD2Cの方が自社で体験・価格・成長スピードを制御できて、拘った製品には向いているのだろう。
一方Amazonのように、規模(資金・チャネルパワー・認知)でそれを模倣し、良くも悪くも普及を早めるところもある。
D2Cが注目されて、またそこからこういうブランドが生まれてきている中で、培ったブランドが勝つかどうかの分水嶺だと思う。

D2C自体の概念や、本当に新しいのか、そのメリット・弱点などは下記も併せて。今更だが、MUJIのアプリ施策は、データ含めてD2Cを先取りしていたと思う。

・無印
https://newspicks.com/news/660282
https://newspicks.com/news/1063584

・その他最近のD2C系Pick
https://newspicks.com/news/4427541
https://newspicks.com/news/4455044
https://newspicks.com/news/4532740
最近は日本でもD2Cスタートアップが増えてきた印象があります。製造インフラも整ってきたことで、参入障壁自体は下がってきているのでしょう。

つい数年前までは今で言うD2Cも「通販事業者」扱いされていましたし、ピッチイベントに出ていても「なんで通販事業者がピッチしてるの?」と、わりと辛辣に扱われていたことを記憶しています。

粗利の高い商材か、定期的に購買してもらえる商材か等々、成長を持続するためには一定のハードルがあると感じますし、今のD2Cブームもどの程度持続可能なものなのかと見定めていますが、引き続き注目領域なんでしょうね。

この点、日本のD2Cスタートアップの先駆け的な存在であるFABRIC TOKYOの森社長は、ブランド構築こそがD2Cの肝だと指摘していますが、Allbirdsのストーリーとも相通じるものを感じます。

【FABRIC TOKYO 森】D2Cスタートアップの肝はブランド構築
https://newspicks.com/news/4572940/
サスティナブルだったり、哲学だったり、テクノロジーだったり、非常に示唆に富むインタビュー。
D2Cが凄いってことでもなく、僕はこのブランドの思想が今の状況を作ったと考えます。たまたま彼らにとってメリットのあるやり方がD2Cだったということ。

それからやたらと時価総額のことが出てくるけど、そろそろ時価総額でベンチャー企業のことを語るのはやめませんか?
NewsPicksは発言力を持っているメディアに成長していると思うので、なおさらそこは意識して欲しいなぁと思います。
先月日本にも上陸したallbirds。創業者のロングインタビューです。
個人的に刺さったのは、アマゾンに対する姿勢。自分たちが作った商品をどのようなルートで売るか、というところに確たる哲学を感じました。
allbirdsの靴は、スポーツブランドの靴と違ってロゴが全く目立ちません。それをする必要がないのも、流通網のおかげ。興味深いお話満載です。
“流通戦略と、消費者への付加価値を高めること、さらに製造ラインや価格をきちっとコントロールすること、これらをすべて一気通貫で取り組んだのです。”

これって本当にシンプルな事で一番本質的なんですが、長い歴史で作られたサプライチェーン構造は複雑でとても難しくて、製造でこの変換は積もった文化が邪魔して崩せないんですよね。
こういった当たり前の形ができてもっと製造とアパレルの市場の考え方が変わってくるといいなと思います。
「D2C」と名乗って卸の中抜きをしたと言っても、ネットモールに出して出店料を払ったり、広告宣伝してたら結局一緒じゃない?と思ってたので、モールには出さない、広告宣伝もあまりしないポリシーと知り、確かにこういうポリシーでもスケールできるようになったのは時代の変化と感じました
モールに出すとブランド構築は出来ない、従ってショッピファイを使った自社サイトを構築する、という選択肢が出てきたことは大きいですね。eBayを抜かしてAmazonを猛追しているというショッピファイ。下記の記事に詳しいです
https://newspicks.com/news/4422741
ただ、評価額は出ているものの、売上などのKPIが出ていないので、どの程度の規模のビジネスになっているのかが興味あります