新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
パリのイダルゴ市長が、再選を目指しパリの新たなビジョンを提案。

「15分の街」

職場や家、買い物などが自転車や徒歩で15分以内に収めることをビジョンに。それにより、通勤のストレスや自動車交通の削減を目指す。パリでは自動車道の一部を店舗の客席にするパークレットの取り組みや自転車利用の促進も行ってます。類似のビジョンはカナダ・モントリオールでも。自動車から徒歩のためのまちづくりは世界中での都市計画トレンドです。

その他のビジョンでの取り組み
・公共施設の夜間利用などによる有効活用
・郊外でのサテライトオフィスとリモートワークの推進
・駐車場を「都市の森」にして憩いの場に
・畑を作りローカルフードを推進
・キオスクを街の人々が出会える機会に