新着Pick
74Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
客数前年比を落としていた同社ですが、今期9月からはプラスに転じています。その上で客単価が落ちたか?と言われると10月からはプラスで累計でも101.8%に。何を集客商品にして何を収益商品にするか。このバランスは常に変化・実行です。
ソフトクリームやXポテト、寿がきやのラーメンなど実は掘り出し物が多い。

ひとつ思うのは、店内照明とスタッフの雰囲気が暗いこと。
これ変えたら流れがガラッと変わると思います。

後は、出店数でなく出店場所を吟味し、細く長く勝つ戦略が合うと思う。
ミニストップは他のコンビニ比べ個性的なところは多いとはおもいますが、店舗数で大きく差をつけられているため、消費者の選択肢に上がってくることがかなり少ない。近所にミニストップがある人はコンビニの選択肢になることもあり得ると思うので、いかに半径数十mの顧客を活性化させるかが重要だと感じる。
マルチリテールに求められるのは、総合力。コーヒーやおにぎりは確かに、既存店前年比を超える力を与えてくれるかも知れません。しかし、会社の業績を変えるには会社の体質そのものを変えなくてはいけません。

それは、物流センターであり、出店政策であり、商品政策であり色々。100円おにぎりも、バスチーも本当に凄い。でも、それだけでは利益は改善しないかめしれない。
ミニストップ、個人的には1番近くにほしいコンビニです。
理由はおにぎり。一部店舗でその日の朝に炊いた手作りおにぎりが並んでいるんです。(記事に出てくるおにぎりとは別のもの)

コンビニのおにぎりはどうも匂いが気になって食べられないのですが、この手作りおにぎりは種類もあって美味しい。値段は200円近くと、他のおにぎりに比べて少し高いのですが、手作りならこれ以上の価値があります。

まわりでもコンビニのご飯が気になって食べられない、という声があるので、値段を上げてでもいいから、こういう手作りおにぎりがもっと簡単に手に入るといい・・。
ミニストップ株式会社(英語: MINISTOP CO.,LTD.)は、イオングループのコンビニエンスストアである。イオンの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
414 億円

業績