新着Pick
230Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
話す側にももちろんクセはあるんだけど、実は聴く側にも「こんな言い方される時に、私はモヤっとするんだな」といったクセがあると私は思う。まずはそこを認識するのが第一歩かなあ。
前々職は嫌いな上司と喧嘩して辞めました。
その後、先に辞めていた先輩の紹介で次の仕事が決まりました。

今の職場は、自分が担当していた顧客で、スカウトされました。

まともな仕事をしていれば、まともな人から紹介をもらえます。

僕は誰とでも上手くやっていく器用さはありませんし、そんなものは不要です。
転職する度に、周囲の人間レベルは上がっています。
つまり低レベルな人を切れています。
職場に限らず取引先、見込先、知り合いの知り合い、友達の知り合い、などなど厄介な人に巡り合う機会は多い。

インフルエンサーは相手にしなければ良い、無視だ、なんて言ってますが、狭いコミュニティ、地方で生活している者にとってはそれもまた難しい(厄介な人を無視することが許容されるんだ、って認識も薄めなので)。

同コミュニティの方にうまく根回ししながら、うまくいなす、っていうのが実務的には必要なのかもしれません。
言葉を真に受け過ぎない。「あの人はこう考えるんだな」と客観視する。
自分で相手をラベリングしてしまうとその後はずっとそのラベリングされたバイアスで相手の発言を認識してしまい常にイライラする事になる。それを防ぐためにも「あの人はこう考えるんだな」と相手を客観視だな。
フォントが趣味じゃないので2秒で読むのやめました