新着Pick
47Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ロンドンに5年住んでいましたが、明らかに格差社会です(階級+金銭的な格差)
英国人の貧困層がブレギジットに賛成票を投じたと言われています。

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』の本の世界ですね。
https://honz.jp/articles/-/45258
LESの研究者による報告とのこと。これは先進各国の、特に格差拡大(例えばジニ係数の上昇など)の国々には無縁でない話のようにも。今後は格差拡大の話以上に、格差固定化がより焦点があつまりそうですね。
記事の内容は想像に難くない状況です。以下のコメントは、ロンドンにある大学院を卒業して、合計2年ほどロンドンに住んだ身として、まさに実感に合うところです。

「ロンドンで無収入で暮らせる人だけが利用できる、無給のインターンシップなどの慣行によって悪化している」
バブルの前から物価が高く、建物規制が厳しいロンドンは、何もかも物価が高いですね。
この記事で言うロンドンというのがCity of Londonを指しているのか?Londonへの通勤可能地域を指しているのかによってそのレベル感は違いますが、City of Londonであれば、確かに普通の人々が新しく引っ越してくるにはあまりにも住居費が高いです。
それでも、世界中から観光客がやってくるし、探せば安くて美味しいレストランもないわけではないですが、住めと言われると躊躇しますね。
でも、ロンドンは日本と同様に鉄道で郊外から通っている人が多いのは?
その郊外のベッドタウンも物価が上がっているのでしょうか?