新着Pick
128Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
おっしゃる通りです
流出した情報の種類、また、当時契約関係にあった各国の機関にも連携しなければならないほど重要な情報を取り扱っているはずです
自覚が足りないのでは無いでしょうか
また、一部報道で「今回の攻撃はゼロデイ(未発見の脆弱性)を使われたから対策は不可」みたいなことを書いてるところがあるますが、これはまったくもってダウトです
ゼロデイによる侵食を前提とした防衛方法を採れと言うのが今の基本中の基本なわけです
また、三電は被害者だから叩くのはお門違いなどと言うとんでも理論を展開されている論客もいますが、こちらに関しては開いた口が塞がらず、コメントすることも憚れるレベルです
認識しておきながら半年近くも報告が遅れるとは・・・隠蔽体質がはびこっていると非難されても仕方がないですね~。

過労死問題も抱えているのに、取締役たちは高額な報酬を手にしている。

何だか、大問題が発生しそうな雰囲気を漂わせているように感じます。
三菱電機の報道発表を見ると、「昨年6月28日…」との書き出し。
 
半年もたち、年も変わっているのに。この感覚に驚きます。
 
流出情報には、契約先などの企業機密の可能性もあるということで、罪深いと思います。
  
ガバナンスが機能していない悪い組織の典型例です。
こうした事件は数多く起きているはずで、現実的にサイバーセキュリティなど出来るのか。日本の企業、そして政府もサイバー戦争時代にどう対応しようとしてるのか。
6月?!
あまりにも遅すぎますね。。
報告というか、少なくとも公表しないと。
ことサイバーセキュリティについては、「そのような脅威がある」ということを広く知らしめるのが大事。

一番悪いのはサイバー犯罪をやるやつ。
被害に遭ってる人は悪いわけではないし、セキュリティを守りきれないことだってどうしてもある。
攻撃する側が絶対に強いんだから、被害が出たら「仕方ない」と思うしかない。
そこからどう学ぶかが重要。
隠すのがいちばんの悪手。
公表の遅れはいらぬ詮索を招きますし、結果信頼を失う気がします。
対外的なリリースをするかどうかはともかく、官民問わず関係する組織には連絡したほうがいいと思いますが...
三菱電機株式会社(みつびしでんき、英語: MITSUBISHI ELECTRIC Corporation)は、日本の大手総合電機メーカーであり、三菱電機グループの中核企業。同社は、1921年(大正10年)1月15日に三菱造船電機製作所(神戸)より分離独立する形で設立された。 ウィキペディア
時価総額
3.41 兆円

業績