新着Pick
72Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
つみたてNISAでは金融庁が主導して一定の要件を設けて対象商品を選定しているわけなので、資産形成を促す共通した目的のために企業型か個人型かを問わず確定拠出年金の商品ラインナップは、最低限つみたてNISA対象商品を組み入れるようにするのが適切だと思う。
1.低コストのインデックスファンドに限定する。
2.アクティブファンド、バランスファンドを選択肢から外す。
3.信託報酬は0.5%以下に限定する。

上記の3つを守れば、ボッタくられるリスクが減ります。
iDeCoと401Kの違いについて書かれている記事。
「2019年7月から制度が改定となり、全ての運営管理機関は自社が選定した運用商品を全て開示しなくてはならなくなった」
証券会社の手数料無料化が進んでいますが、401Kもより明瞭になっているのですね。