新着Pick
33Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ARグラス時代へ向けた競争のゴングがなった。2022-23年が大勝負の年へ。Facebook、Apple、Google、 Microsoft、Snapなど様々なプレイヤーが様々な切り口で。ここがポストスマホの一丁目一番町。次の10年間の覇権が決まる
ブルームバーグの記事なので日本ての対応については特に触れられていませんが、サムスン大好き安東が補足しますね。

BixbyはSamsungのSiri的なやつですが、日本語には非対応です。Siriと違ってGALAXYスマホには物理ボタン「Bixby Button」があるのですが、日本ではほとんどの人が別のアプリを割り当てたりしています。私はGoogle Homeを割り当てています。なので、日本語の音声認識はデータもたまっていない状態だと想像できます。

なお、わたしGALAXY Watchでは英語でアラームの指示とかしていたのですが、あるバージョンから「日本では英語でもBixby使えなくなりました」とのことで。

ということで日本は遅れてやってくるか、こないかだと思われます。
Blockchain活用分野だとスマートホームは現代の方が先にコンセプトを出して進めようとしています。

ただ、サムスンも追付いするでしょう。
サムスン電子(サムスンでんし、韓国語: 삼성전자 三星電子、英語: Samsung Electronics Co., Ltd.)は、大韓民国の会社であり、韓国国内最大の総合家電・電子部品・電子製品メーカーで、サムスングループの中核企業である。スマートフォンとNAND型フラッシュメモリにおいては、ともに世界シェア1位。 ウィキペディア

業績