新着Pick
60Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
平野美宇選手は初めてのオリンピック。
シングルスでの出場は叶わず大号泣している姿が
印象的だったが、団体戦で
リオ五輪リザーブだった雪辱を果たしてほしい!

近年、団体戦では表彰台はほぼ手中にある。

日本代表の悲願は
オリンピック、シングルスでのメダル。
今、中国選手に世界で最も肉薄している
伊藤美誠選手が地球を驚かせてほしい!
みうさん、よかったです。
五輪まであと200日。
あと200日。
まだ最終選考が終わってない競技がほとんどです。

どの競技の選手でも、「五輪に選ばれるということはどういうことか」ということを真剣に考えます。
それこそ「どういう人間だと、選ばれるのか」と。
そして気づきます。答えがないということに。

どういう練習をしていると正しいとか、
どういう体づくりだと正しいとか、ありません。

だからこそ、毎日毎日、1日、1分、1秒、必死に大切に丁寧に頑張る。
いつでも心身を敏感に、日々、自分は試されているのだ、と唱えて、全身の筋肉への意識を研ぎ澄ます。

そんな感じのことを、どの競技の選手も「語り」ます。
自分もそうだったなあ、濃い時間だったなあ、と思います。
男子については、水谷選手を選ばないと第二シード取れなかったみたいですから、中国とあたらないことを優先すれば、水谷選手一択だったようですね。
男女とも順当な選出。シングルスは個人の実力と調整力次第だが、面白いのは団体戦だ。

男子はダブルスが丹羽・水谷ペアとなれば左利きペアとなりかなり珍しい。メリットとデメリットがあるが、稀少性がplusに作用することを願う。

女子はシングルスで激闘した当事者同士がペアに。ノーサイドの精神で一丸となって団体戦の勝利を目指すことになる。

団体戦のダブルスは初戦で重要なので、ペアとしての相性や成熟度が問われる。これは日本だけでなく全世界共通の課題だが。オーダーをある程度固定するのか、それとも臨機応変に組み替えるのか。そのあたりにも注目だ。
美宇ちゃん、前回大会補欠で健気に頑張っていたから、なんとか行かしてあげたいという気持ちになってました。
おめでとうございます!
平野美宇選手、念願のオリンピック代表、おめでとうございます。