新着Pick
23Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「第2」に何を持ってくるのか。安全保障に絡みそうなものを省いていくと、現段階なら、さらに小さな合意しか想像できないところ。
国内景気をなんとかしなければ、という中国と、大統領選挙を控え堅調な景気を支える消費を冷やしたり農家を離反させたりしたくない米国が、お互い妥協できそうなところに絞って手を打った形ですから署名は進むのでしょうね・・・ しかし、中国はトランプ大統領が言うほど農産物を買えるのか。第一段階は署名するにしても、その先は難しそう (^^;
米中が第一段階合意書を準備中。12月の米中関係を見ていて思ったこと。トランプ大統領って、こんなに柔かったのか。中国の強腰が想定外だったのか。米国経済の弱点を深刻にとらえているのか。大統領選挙にどうしても勝ちたいからか。中国の底力に恐れをなしたからか。あるいは、中国を誉め殺ししているのか。答えはそのうちにでる。米朝関係を占う上で参考になる。
トランプ政権としては、大統領選挙の年を前に、対中貿易問題の押し引きで株価や景気を調整出来るということを学習したのではないか。
早く署名をして欲しいですね。
今回はないよね…とは思ってはいても、トランプ大統領の気まぐれでは、何が起こるか分からないという一抹の不安がありますから。
香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト電子版も同様に報道していたそうです。
第一三共株式会社(だいいちさんきょう)は、東京都中央区日本橋本町に本社を置く、日本の製薬会社である。 ウィキペディア
時価総額
6.39 兆円

業績