新着Pick
640Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
SNSに毎日継続してコンテンツをアップする。毎日継続というのが成功の秘訣なのですね。継続するからファンができる。継続しようと思うから、ファンの声(ニーズ)に合わせたコンテンツを制作する。そこに共感が生まれる。

毎日継続というのが実はとてもむずかしい。それを実践するインフルエンサーの人たち。華々しくみえるけれど、皆さん努力家。
約1年前、VAZで働く機会を頂き一番驚いたのは
”Youtuber”一人ひとりが想像を遥かに超えるほど
ユーザーとのコミュニケーションに時間と労力を割いてたこと

接点が近い、身近に感じやすいというのは強みだけど
それをやり続けるためにTwitter、Youtubeのコメント返信しまくるって並大抵の努力じゃないはず

今まで以上に、身近な振る舞い、所作が伝わりやすいが故に
涙ぐましい努力で積み上げたファンからの信頼や、その密度は
今までテレビで活躍してきた”打ち上げ花火”的なファン作りに慣れている有名人には真似できない強みだと思う

VAZが作り上げてきた
”仕組み””ノウハウ”で、次世代の有名人を生み出す事ができるアセットは
人のブランディングやサポートにとどまらず色んな所で必要とされるはず

これからの活躍に超期待!
親近感と共感性。これはYouTuberの爆発的な人気から今の時代のトレンドを変えたかもしれません。今までは憧れの世界を作らなければいけないという認識を持っていた芸能界さえ親近感と共感性が大事なキーワードになってますしね。
SNSの位置づけを明確にする指摘。
「SNSは、オウンドメディアとアーンドメディアの二つの側面を持っているのです。今後のデジタルマーケティングには、SNSをオウンドメディア化し、定常運用することでユーザーを集め、ファンの濃度を高めていくことが求められます」
トリプルメディア:テレビCMや新聞広告に代表される有料媒体
オウンドメディア:自社ブログやメルマガといった自社媒体
アーンドメディア:フェイスブックやツイッターなどの自社SNSアカウント
さとなおさんの「明日の広告」「明日のコミュニケーション」「明日のプランニング」「ファンベース」を読み直す年末年始。移り変わりが早い時代だからこそ、地に足をつけて丁寧にやらなきゃなぁと思う次第。
この連載について
政治や国際情勢、金融といった専門性の高い分野は、どうにもとっつきにくいものだ。しかしこうした難解な分野を理解することは、きっとビジネスに有利に働くだろう。有識者の解説で、年末年始に教養を深めよう。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
2.16 兆円

業績