新着Pick
244Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私が見てきた「最優秀層」は、

「私がうまくいかないのは、会社のせいだ」

とは言わない。



全く逆だ。

「会社がうまくいかないのは、自分のせいだ」

というのだ。
そもそも高学歴でお勉強ができるからと言って、ビジネスもできると考えるのが間違いでしょうね。
まあ、ただそんな勘違いがあってもいいので、ベンチャー・スタートアップに学生が引き寄せられるのは決して悪い傾向ではありませんが。
そもそも個人的には自分に合った会社など存在しないと思っている。あるのは、自分が合わせたい会社かどうかということのみ。自分に合った会社を本当に欲しているなら、探すよりも作ったほうが良い。ただ、そこまでそれを欲している人は多くないかと。何事もリスクに見合ったリターンを考えることが重要。
ショートカット(要するにコスパ)主義にとっては、まわりのお友達にどう良く思われるかというのも大事。大企業、ベンチャー双方にマウント取れる言い分があるけど、今はGAFA(これは大企業なんだけど)あたりを軸に、ベンチャーがよい、という風潮があるのも確か。

スタートアップの楽しさというのはあるのだけど、一般的かどうかはわからない。会社が大きくなってくるとカオスの楽しさがなくなる。逆に大企業は大企業なりの楽しさがあって、大きなサービス、プロダクトに関わって世の中に影響与えている一部を担っている感がある。それなりに楽しい。制度も整っているし。

そんなこんなでベンチャー、大企業双方を経験して語れる人の話を学生は聞いておいてもいいんじゃないかと思う。
色々経験してみると良い。
運良く終身雇用の時代ではないんだから。
大企業もベンチャーも起業も。
そして言い訳なんかしなくて良い環境をつかみとれば良い。
恵まれた世代なんですよ。
〉「大企業」か「ベンチャー」のどちらが合っている人間か、よく考えずにリスクを追求する高学歴が増えている証なのだろう。
自分がどのように働きたいのか、その働き方を実現できる場所はどこか。自分と仕事に向き合わなければ、ミスマッチは生まれます。それはベンチャーだろうが大企業だろうが同じです。自分で考えることを放棄しているだけです。

〉そして、採用側も、応募者がどちら側の人間なのか、見抜けていない。
理念やビジョン先行のベンチャーはそもそもの応募者が少ないので、頑張りますというスペックの高い応募者が来たら採用せざるを得ません。大企業はベンチャー気質な人も欲しがっているので、基本的なスペックを満たした応募者は採用したがります。見抜けていないというよりも、見抜くつもりがないという方が近いと思います。
数字の根拠ゼロですね。
試験もできない連中に何ができるんですかね