新着Pick
39Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2010年代は本当に、アメリカで映像化された製品は全て「多様性」を意識した作りだったと感じます。アメリカでいう多様性とは、「人種」、「性別」を主に、若干「場所」のこと。
白人若者〜中年男性+若い白人女性+都会という主流の構図が、今では人種も年齢も様々な俳優がこれでもかというほどとりあげられており、過去作品のリバイバルでは原作とは違う人種の人が必ず入るようになっています。

一般的にマイノリティーとされる人がディレクターであると、見た目で差別せず様々な人を採用するようになっています。(というか、マジョリティの監督は無意識のうちに自分と同様の人種を入れる)
面白いのが視聴者も多様性が出てきて、ネットフリックスでは新時代の構造を受け入れる層向けの映像も配信しながら、古い価値観の人用の作品(旧来の中年白人男性+若い女性)もあり、レンタル屋とは違い人目を気にせず自分が見たい作品を選べるようになった時代でもあります。

日本では、池上隼人でも半沢直樹シリーズだと中年中心の男性が活躍するのに、花咲舞シリーズは20代女性が主人公というアンバランス感。中山千里がギリ多様性を押していますが、日本は本当にまだまだかと。
一般的な男社会+若い女性の作品だけでなく、年齢高めのプロフェッショナルな女性が活躍するものが見たいなぁと個人的に思います。
関連記事一覧
ロック界史上「最も有名なロゴ」はこうして生まれた | ウォーホルが作ったと思っている人も多いが…誤解です。
クーリエ・ジャポン
285Picks

なぜ日本の「人種差別」は“ないこと”にされるのか、その社会構造
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
16Picks

こんまりを「ビッチ」呼ばわりしたフードライターのNYTコラムが休止に | アジア系の成功に嫉妬?
クーリエ・ジャポン
7Picks

“いい人”の代名詞トム・ハンクスを作った「壮絶な生い立ち」 | 父は再婚を繰り返し、歯の磨き方も教えてもらえず…
クーリエ・ジャポン
7Picks

「女性だから諦めなければいけないことはない」蜷川実花の最新作『FOLLOWERS』
I-d
6Picks

旅好き必読! 米紙が徹底調査「パンデミック後の旅事情」 | フリークエントフライヤーになるチャンス!?
クーリエ・ジャポン
5Picks

【新型コロナ】回復者の血液サンプルが価格高騰中「血漿ビジネス」の実態 | 抗体検査を大量実施したくても血液不足…
クーリエ・ジャポン
4Picks

ウィンタースポーツ人口「3億人」を目指す中国のスキー場に行ってみた | 2022年北京五輪に向けた“国家計画”が進行中
クーリエ・ジャポン
4Picks

あなたの人種は? 米大学願書の悩ましい質問
The Wall Street Journal
3Picks

「ブラッド・ピットがアカデミー賞をとれないのは、美しすぎるから」─ついにとりました! | NYタイムズが分析、完璧なセクシーさと胸筋の「功罪」とは
クーリエ・ジャポン
3Picks