新着Pick
206Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
お年玉はさすがにキャッシュレスというわけには行かないと思います。年末年始は一年でも有数の資金需要が活発となる時期ですから、ある程度は手元に持っておきましょう。

そして、それぞれのキャッシュレスアプリにチャージできるかどうかも確認しておいたほうがよいでね。
「昔って、ATMって機械あったらしいよ」という日がいつか来るのでしょう。

社会人1年目の最初の仕事はATMに現金を詰めることで、何度も仕事内容に疑問を持ち、希望を上司に伝えて窓口をやらせてもらいました。。。ATMを使うたびに思い出します。
年末年始やゴールデンウィークのような長期の休みの際、銀行システムは総メンテナンスにかかります。
毎年、多くのシステムがある中でどのシステムをメンテナンスするか決めて、一定周期でメンテナンスしています。
それ故のシステム停止です。

銀行システムに関わる方のうち、一部の方はこの期間ずっと働いています。

普段、銀行のシステムは週末夜間も含めて、ほぼ眠らないシステムです。

日頃のサービスの提供が滞らないためには、このような総メンテナンスが必ず必要ですので、寛容な気持ちでいましょう。
アメリカでは、子供向けのキャッシュレスサービスがあり、例えば学校でランチを買うなど、小額でも手軽に親が子供にオンラインでお小遣いを与えることができます。ATMが使えないなら、いっそのことお年玉もキャッシュレスで!?
空港に着いてからお金を下ろす人が多い時期なので、こういうのは、もっと積極的に告知してあげると親切ですね。
私が見ていないだけで、CMとかもしているのかしら?
私は、年末はATMを必要とすることはクリスマスまでに終わらせる予定です。
年末年始、なにかと現金が必要な時期にいつも使っているATMだとお金がおろせない。そんなことが起こる前に確認しておきたい。
お年玉用に新券を用意するので、年末の銀行最終営業日の朝、銀行窓口に行くのが習慣化していますが、これもいつかは懐かしい昔話になるのでしょうね。

渡す側からすると、お年玉をデジタル化するなら、現金で渡すよりも驚きや感動につながる演出が欲しい。
年末年始は現金が大活躍する期間なので、先にある程度おろしておくのが策です。僕は現金決済が多いのですが、この時期は先におろしていこうかと思っています。
米国では、個人間の送金(割り勘など)も、アプリで便利にできるので、ATMや現金は、ますます不要になりつつあります。
ふと思ったんですが、中国のようにお年玉を送金アプリで送るようになったら、非対面で親戚全員にあげなきゃいけなくなるので、なかなか辛いですね