新着Pick
411Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
5Gが盛んに叫ばれるようになってきたが、しばらくの間は体感できるほどのメリットはないだろう。いま5Gと呼んでいるものは、3G時代から続く標準通信規格3GPPのRelease 15以降を「5Gと呼びましょう」としただけ。つまり、6GHz以下の周波数を使って4G(LTE/LTE-Advanced)と互換性を維持しつつ展開していく。新しい通信方式を使ったRelease16以降では5Gのメリットと言われているものが実装されてくる。スマートフォンで利用している限りでは「どこでもWiFiが認証なしに使える!」くらいの感じではないでしょうか。産業向けではよりメリットが感じられるでしょう。
"5Gの低遅延性、同時多数接続という要件が生きるのは産業用途"
残念ながら当面は一般の消費者が5Gを体験できるのは限定エリア、限定期間のキャンペーンものだけでしょう。プロユースはじわりと現場に広がってきそうな雰囲気です。
5Gは、4G、WiFi、有線Ether、ケーブルの延長線上として位置付け、できるだけ巻き取ろうという魂胆があります。

SSIDとPWを設定するって意外と面倒で、コネクティビティが低いWiFiというのは産業用に用途に管理コストがかかります。SIMで認証して管理すると、意外と平凡なところ、例えばオフィスや店舗でブレークするかもしれません。配線工事は結構大変なんです。

また、エッジAIとの相性も非常によく、これを上手く使うことで、新しいサービスもでてくるでしょう。交差点にAIをつけて、車と連携して交通事故をなくすという仕組みです。

2020年は、5年前のAIのように、いろんなアイデアやベンチャーがでてきて、日本を活性することを期待しています。
5Gで東京一極集中から地方分散になるといいですね。育児や介護などのケアが充実しそうです。
高速道路だけ速くなっても、出入り口が詰まったら意味ないよね。5Gの例えです。
ところで、5G(に限らないですが)に必要なエネルギー、電力ってどんなもんなんですかね。ネット、モバイル通信は早くから定額制が定着し、無尽蔵に使っていますが、そろそろそういうことも問われる時代なのかな、とふと…
この連載について
2010年代は、多くの大企業がビジネスモデルの変革を迫られ、新たな産業が勃興した。2020年代には、どんな変化が訪れるのか。先行きが不透明なビジネスの最前線を、有識者たちの予測で見通す。