新着Pick
425Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
freee上場おめでとうございます。
TMTセクターで北米を含めた144AのグローバルオファリングのマザーズIPOはメルカリに続き史上2例目です。
海外投資家比率が高いとバリュエーションが上がるという事ではありません。SaaSのバリュエーションの知見のある投資家をターゲティングし、需要の質を踏まえた国内海外トランシェの設定かと思います。
・目論見書記載価格を1,660円~1,940円でレンジ開示
・国内海外のロードショーの結果を踏まえて仮条件の上限を引き上げてディールがホットであるというモメンタムの形成(1,800円~2,000円)
・ブックビルディングの結果2,000円で価格決定
・25%アップの2,500円で初値(理論上のIPOディスカウントを解消するプライシング)
会計SaaSは海外でもバリュエーションがつきやすい傾向。東南アジアだとXeroというクラウド会計ソフトが頑張っていて、彼らはオーストラリアの市場に上場してますが株価はずっと上がり続けている。時価総額は8,000億円越え。
ちょっと広告的な匂いがするのですが気のせいでしょうか、、海外投資家をいれることは賛成ですが、海外投資家=相性の合う優秀なキャピタリストとは限らないので、フラットに国内の投資家と見比べて選んでください。
クラウド会計ソフト(人事労務ソフトもありますが)という単品商品で現時点では大赤字ですが、C向けのビッグデータがアリペイなどのスーパーアプリがかき集めている行動・購買データなら、B向けのビッグデータは企業の財務データ。

そんなお宝をおさえているクラウド会計ソフトはやれることが多く、まだまだポテンシャルを秘めていると思います。
上場おめでとうございます!freeeの資本政策をわかりやすく解説してくれている記事で参考になります。スタートアップの経営者は、資本調達をやるのがはじめての人が多いので、いろいろな企業のエクイティストーリーが聞けるのは、本当に勉強になります。
会計ソフトのSAASは、海外での展開もかなりハードルが低いので、モデルが優れていれば海外での資金調達も可能だったと思います。
シリーズ別にみていくと、当初は海外メインで資金調達をしたのですね。
それはそれで戦略的な意思決定だと思います。
今日のマーケットは地合いも良かったので、株価も弾みました。
2500円で一旦寄り付いて、その後高値は2800円くらいまでいって、今日は2700円で終わりました。
ただ、株価は、今まで日本では大型上場は比較的上場初日が高値ということで、後々失望することが多かったので、IPO後の着実な成長を期待したいと思います。

私はCPAなので、正直言って自動仕訳は逆に煩わしく、弥生会計の方が使い勝手が良いのが本音です。
けれども、一般的にはFreeeのようなサービスは有難いはずです。

今後も海外投資家を念頭に置くのであれば、開示資料の英語版の充実が必要となるでしょう。それが株価維持、上昇のために必要な要素だとも思います。
現在のB2B SaaS未上場スタートアップで評価額が最も高いfreeeがついに上場。

上場前に世界屈指の機関投資家ティーロウプライスが入る、DCM venturesによるフォロー投資など、今年6月にSaaSユニコーンとして上場したSansanと共通する点もありつつも、よくみると違う。ミドルステージから海外PEを受け入れる、グローバルオファリングを行うなど、世界目線で投資を受け入れるための姿勢がfreeeの大きな特徴の1.つです。

IPO時の株主構成は、同じく会計SaaSを手掛け、2017年にIPOしてるマネーフォワードとも大きく異なることも興味深い点です。

PSRの高さが目立ちますが、マーケットポテンシャル、そのマーケット主軸にいけると期待されてる表れとみれます。マネーフォワードもfreee上場承認後の時期から株価が上がっていますね(直接の関係性は不明です)
当初は規模の大きさ等から懸念されていましたが、地合いの良さなどもあり、事前予想よりもかなり高い水準での初値となりましたね。
freeeは買い800万、売り400万でかなり強いです。午前中は寄らないかもしれないですね。
本日上場したfreee。フィナンス面でのこれまでの奇跡と佐々木CEOのインタビューも掲載されたボリュームある記事です。

下記記事も多くのコメントを頂戴しております。
【freee上場で目指す脱大企業中心社会、中小企業に生産性革命を】
https://newspicks.com/news/4468160/