新着Pick
277Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
VC業界の大きな流れに加えて、UB Venturesの投資ポリシー、起業家のソーシャルクラブ「Thinka」の活動、VCを立ち上げた理由、についてお話させて頂きました。

米国と同様に日本でもメガVCの総合サービス化、特定領域に強みのあるスペシャリティVCの多様化が進みつつあります。

今後、①事業経験を活かした業界特化型、②デザイン、リーガル、テクノロジー、セールス、HRなどを強みとする機能特化型、③U20、U25世代に特化する世代特化型、など、ステージ特化や地域特化に加えて、スペシャリティVCの多様化はさらに進展しています。

UBVは、私自身の原体験にももとづきながら、資金と共に生きた事業ナレッジを次世代に引き継いでいくという想いで立ち上げたスペシャリティVCです。

まだ、立上げ1年半ではありますが、次世代のスタートアップに実践的な価値を提供できるよう、投資活動やコミュニティ運営に邁進していきたいと思います。
人気 Picker
事業会社による投資会社・コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)が増えた中、SPEEDA事業経験を持つ岩澤さん達UB Venturesは際立つなぁ。ポストがころころ変わる大企業の投資部門でなく、事業経験のある人が投資判断を担ってほしいと思うのはスタートアップ側の永久の希望w
資金のみならず自分たちの事業経験を次の世代に引き継ぎたいというお考えに共感します。
UBVの出資先は僕も出来る限りの支援をしたいと思ってますので、ぜひ興味のある起業家の方々はご連絡ください!
VCが産業化していると言えるのかもしれない。UBVはその中でもかなりエッジが利いている印象。