新着Pick
587Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
成功はすぐ陳腐化する。学び続け、一歩前に踏み出し続ける必要がある。出来るか出来ないかではなく、やるかやらないか。その差が大きくなるのでは。
ただ、何かを学ぶ前に自分は何が好きなのか、興味があるのかの棚卸しが必要。

記事では、教師の役割はファシリテーターに変化するとされています。
それだけではなく、メンターにもなりますね。
いかに一人ひとりの子どもの潜在的な興味を見つけ、伸ばすか。これに注力する役割が多くなると考えています。
時間がない人は各スライドの見出しだけ読みつつ大前さんのしかめっ面とオズボーンさんの柔和な表情見るだけでも学びになる記事。

何度も似たようなコメントしていますが、
今日はお二人の対話から気付かされたことと北野唯我さんの言葉がかぶる。

・子供や社員の教育を論じる前に自らの学びを
・必要なのはティーチャーでなくファシリテーター
・親はテクノロジーに不安を感じ、子はテクノロジーにワクワクする
・子を見て親が自分の生き方を考え、若い社員をみて彼らの教育法と同時に自分の学び方を考える。

スローガンのうちだしは不要。打ち出す人自らの自己改革こそが最大の教育となる。
大前研一さんと、衝撃の論文『雇用の未来』で一躍有名になったオックスフォード大学のマイケル・オズボーン教授が語る「未来のスキルとその教育」についての対談の後編です。

今回は子どもを活かす親と教師、そうではない親と教師の違いについて。そして各国の人のポテンシャルを開花させる教育についてなど、論は深まってゆきます。

ちなみに、対談当日、大前さんは沖縄でのご講演の帰り。一方、オズボーンさんは毎日走るランナーでマラソンを3時間台で走られるとのこと。今も未来も、こうした基礎体力は変わらず重要であり続けるのだろう…とお二人のエネルギッシュぶりを見て、考えさせられました。
タイトルから同意します。

この国の大人は全くといっていいほど学んでいません。読書も含めた自己啓発をしている大人は、正社員でも4割以下で、しかも自己啓発している大人も年間100時間未満が9割です(厚労省能力開発基本調査)。そんな大人が子供を教育しようという発想が烏滸がましいです。

教育機関を学びの場に転換させて、子供も大人も一緒になって社会や地域課題に向き合うことが、お互いの学びと成長になります。

大人は子供を子供扱いしがちですが、子供は以外と大人ですし、大人以上に柔軟で自由な発想に溢れています。それを学ばない大人が教育という名の下で、矯めている現状が多くの場面で見られます。
「ビジネスに役に立たないから教育制度を改革しよう」という理由って正当に成り立つのか、ってところから1つ問題提起をしてみたいなぁ、と。教育改革は必要だと強く認識していますが、理由はそこではないのでは、と漠然と思ったりします。(読んだ感想)
「教室に26人いれば26人なりの解決策がある」という前提。
この前提にたてば、家庭や教育の場で必要なものは「教師」というよりも「ファシリテーター」という態度。
文字の読み書きという基礎的な教育は欠かせません。応用ができるようになれば、そこからは、個性を育てるという教育が必要だと思いながらこの対談を読みました。
自分から学び続けないと死に絶える。

時代は変わっている…、理解していても、
自身の"拠り所"になっている成功体験を放り出して、
新たな試みに身を投じることを不安に思っている
人は多いと思う。

"やってみましょうよ!"というノリが大事かと。
誰も最初から成功しませんし、失敗しないと学べないしね。

私自身、社内の講師を務めることがあるのですが、
やはり、登壇者は、"ファシリテーター"と呼ばれます。
その心は、クラスルームに集った人達全員が
自身のみが持ち合わせている貴重な経験があり、
お互いに掛け合わせることで新たな学びを意図的に
創出しよう…という想いがあります。

"Learners Centralized Approach"を意識した取組みを
実践したいですね‼️
教師や親が旧来の価値観で指示的に進路を指し示すことは、弊害も大きいと感じます。文中にあるように教師は考えを引き出したり、導いたりする支援的な役割となり、親は一番近くで子供を見ているので「個性」や「持ち味」を見つけて没頭させてあげる役割が理想的だと考えます。

そういう意味では、子供の教育改革ではなく、教える側の教育改革がより必要なのかもしれません。
オズボーンの「私はどのような意味合いにおいても、親と子のコミュニケーションに対して批判的な態度は取りたくありません。」という発言は非常に楽観的。親が子どもの多くを規定するというのに。古き良きエリート感の臭い。
株式会社ビジネス・ブレークスルー(Business Breakthrough Inc.)は、経営指導・人材育成教育を行う日本の企業。 ウィキペディア
時価総額
49.1 億円

業績