新着Pick
4Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
小さな負担で自ら動く社会へ

少子高齢化に伴う過疎化が進展する中、人流と物流をどのように維持していくのか。
ネットの発達で情報の高度化が進む一方、リアルな人とモノの移動は人手不足に陥る。皮肉なモノです。
MaaSに象徴される移動の利便性向上の基本は、「自分で動く」。人に頼らず、高齢者やハンデを持つ人たちにとっても、負担が小さく自らの用は自らこなせる社会のあり方が求められています。イノベーションの種はたくさんありますね。