新着Pick
95Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
化石賞については以下の私のツイートがバズっている
https://twitter.com/nuribaon/status/1205323638641049601

>CO2を分離して地中に埋める技術が確立すれば、石炭火力は地球温暖化対策の本命である。

確かにそういう考えもかつてはあった。実際ドイツの「エネルギーヴェンデ」構想もかつては石炭+CCSが基本だったが、今は石炭は廃止の路線。IEAの見通しではCCSは今も重要な位置づけだが、今は石炭とセットという訳ではない。

>日本の技術力で、あと少しで実用化されるところまできている。このことが国際社会に全然伝わっていない。

これは本気で言っているのだろうか。
確かに日本には独自のCO2吸着技術はあるが、現在やられている海底貯留の実証実験は極めて腰が引けたもので、そのコストからして実用化には程遠いし、そもそも技術の問題じゃない。

>小泉環境大臣の演説でも、CO2を分離して埋める技術についての言及はなかった。CO2なしの石炭火力こそ「セクシーな」解決策だと強調しなかったのはなぜだろう。

そりゃ、小泉大臣にとって、セクシーに感じないからでしょう。

>今の日本の石炭火力はクリーンで、エネルギー変換効率もいい。CO2排出ももうすぐ何とかなりそうである。

既に中国の最先端石炭火力に効率で抜かれつつあり、そこまで差別化できていない。CO2はCCSでコストをかけるか、CCUSでマネタイズするしかない事になっているが、誰も解がない。

>日本の火力発電ではコンバインドサイクル発電という効率のよい発電方法が採用されている。まずは、燃料をガス化してガスタービンを回して発電する。

それは天然ガス火力の話だが、「燃料をガス化」と石炭ガス化のIGCCと混同している様だ。

IGCCは熱効率は上がるが、使える石炭の質に限りがある上、コストが高く故障も多くなるので、必ずしも本命とは言えない。

エネルギー効率を求め過ぎると、高温稼働になって設備の更新頻度が上がり、逆に非効率になる領域に入っている。

グレタさんのバックのアースジャスティスの背後に中国がいる事はよく知られているが、似たようなことはそこら中であるし、国際政治とはそんなものだ。

石炭+CCSの扱いは可能性として持っておけば良いが、切り札扱いするのは危険が伴うと思います。
Newspicksはいろいろな意見が出てきて面白いですね。コンバインドサイクル発電とCCSは石炭火力でなくても利用できるというのはそのとおり。今後の技術革新で何が有利になるのかわからない段階で石炭火力だけ叩くことの合理性を示した反論があれば是非勉強させていただきたいと思います。
ロジックが破綻しているように僕には見える。

> CO2を分離して地中に埋める技術が確立すれば

CO2を埋める技術が確立したとしても、出して埋めるより出さずに埋める方が良いに決まっていると思うのですが、、、だいたい、この論を使えばいかなるCO2排出も無限に許されますね。しかもコストの議論がない、、、
どんな進んだ化石燃料による発電であれ、必ずCO2は排出される。全く排出されないエネルギーを進めるしか根本的な対策はないのですね。

「CCSと呼ばれるCO2回収・貯留技術があと少しで実用化できそうである。 」とのこと。もちろん次善の策としては理解できますが、それがいつ実現でき、どれくらいのコストがかかるのか不明です。あらゆるエネルギーの中で、安全で実現可能で最も短時間に実装可能な施策は何なのか、経産省や環境省が科学的に客観的に説明することが望まれます。
しんちゃんは兎も角、この辺りを正確に理解してる政治家っているんですかね?

理解してキチンとアピールできないとヤラレますよ。