新着Pick
102Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
弊社のアンケート調査によると、従業員が不足している上位3業種が、「情報サービス」「建設」「運輸・倉庫」。いずれも70%前後の企業が、正社員の不足を感じているという結果になった。ニュースで取り上げられた取り組みで、現状の人手不足が解消へと向かうのか注目していきたい。下記調査レポートもご参照ください

【参考】人手不足に対する企業の動向調査(2019年10月)
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p191105.html
企業の50.1%が正社員不足
~ 製造業の不足感は大幅減少の一方、非製造業は高水準続く ~
運転手ではなく、サービス、メンテナンス、セールスの話なのですね…タイトルがわかりづらく誤解しやすいです。

運転手さん不足は自動運転でカバーも可能ですが、メンテナンスに関しては、当面、人間がやるしかないので、もしかすると、大きな新しい市場かもしれませんね。

困ったところにビジネスヒントがあるのです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
飲食業界が休みを増やしているというのはこれまで多く報じられてきましたが、トラック業界でも定休日を増やして人材不足を解消しようという動きがでているとのこと。

トラック業界など運転を行う業務はこれまで人材不足による無理な勤務形態が事故につながるケースも見受けられました。十分な休息を取り、安全に働いてもらうためにもとても大事な施策だと思います。
労働事件の判例で、運送業の事例は、すごい
多いそれだけ問題を、労働環境に問題を抱えていた業界でもあるし、
既存の労働関係法と折り合いをつけるのが難しい業界でもある。
人手確保のために、どこも必死