新着Pick
183Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ロビン・ウィリアムズとマット・デイモンのグッド・ウィル・ハンティングという映画がこのテーマで面白かったです。

「君は僕に朝、愛する女性の隣で起きるという、心からの幸せがどんなものか教えることができない」というロビンウィリアムズのセリフが好きです。
才能があることは、幸せにつながるのかどうか――。それは永遠のテーマなのかもしれない。そう思うことがありました。
少し前にこんな記事『全米騒然、2人のセレブの自殺が語る「全てを持っている人生が幸せだとは限らない」』が話題になりました。

才能を生かすための、群戦略について。
書きました。
才能→(社会的成功)→幸せ、と思うから、嫉妬して才能ある人の楽器を叩き割ったりするのかな…🎻💔

そういうことしないと自分を保てない人や、いつも自分にスポットライトが当たっていないと気が済まない人は、幸せではなさそう🤭

むしろ、本当に才能があると社会的成功は遠のく印象だけど、世に出ない天才が不幸なわけではありません。

本当に才能がある人達が活躍出来ない世界はちょっと寂しい、と凡人の私は思うけれど…🥺
才能の有無で幸せを語ることが不幸なんですよ
才能は、ある or 無し で判断するものなのか。
 
才能は大なり小なりみんなあるけども、それを見つける事が出来るかどうか。
 
どちらも正解だと思いますし、どちらも難易度高いですね。
ピカソは「自己模倣をしないこと。そして、作り続けること」を実践して生前から成功者になれました。

しかし、ゴッホは「自己模倣をしないこと。そして、作り続けること」を実践しても死後にしか成功者になれませんでした。

その一方、ピカソやゴッホほど才能はなくても、そこそこ成功している人たちは、たくさんいます。

つまり、北野さんの他の著書的に表現すれば、ピカソやゴッホは「天才」であり、そこそこ成功している人たちは「秀才」なのかもしれません。

「天才」にとっては「自己模倣をしないこと。そして、作り続けること」が最重要ですが、「秀才」にとっては、「ある程度の自己模倣で群をつくる」ことの方が大事なのかもしれませんね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
無理でしょうねぇ、自分以外の方々に理解・評価されるのが「幸せ」の50%以上だと

んー30%ぐらいかな (←テキトウ)
ピカソの言葉鳥肌ものですね。
アーティストでも芸術家ではない自分も自分ごととして捉えるとすると常に新しい自分を求めて成長させていくということでしょうか。他人の真似もたくさんしながら、自分を高めていく。大事なことですね。
この記事だと、作成当時も評価され、多作が許され(多作できた、とも言えるが)、現在も評価されているクリエイターが才能あるとされている気がする。果たして。才能というのは「ある」「なし」で絶対的にも相対的にも計れるものなのだろうか。

サイエンスに対するアートという意味では、経営も入ることはわかる。経営の場合、その成否というものが才能によるものなのか、わからない。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.12 兆円

業績