新着Pick
37Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはアメリカを見ていると難しい問題だなと感じます。

アメリカはこの記事にあるような「奨学金自己破産」はもちろんのこと、「大学を選択することを引き換えに、ホームレスになった」というようなことが起こりうる国です。優秀な学生さんですが、シアトルでホームレスしながら地元のUWという大学に通っている人にも、実際にあったことがあります。そして悲しいことに、そういう人はどこにでもいる感じ。

大学無償化法についても、それを唱えたサンダースさんが、前回の大統領選では学生たちの希望となりました。アメリカでは7割の学生がローンを組み、大学を卒業します。公立大学の平均は日本円で110万、私立になると275万。4年の大学生活で、学生が背負う借金は平均1100万円にもなるといわれています。

そして日本よりもタチが悪いのは、連邦政府が用意しているローンの%が異常に高いこと。平均金利は4.6%、修士とか博士になると6.2から7.2パーセント。日本の政策金融公庫のローンはたしか1.8%ちょっとだったはずなので、これがどれだけ宜しくないかは、わかっていただけるかと。

無償化の制限が厳しいのは、財源という意味においても仕方ないでしょうね。その点では、財源増やすために宮城島さんが下記でおっしゃっている「桜奨学金」は大賛成(笑)
現状は子供2人に高い教育を受けさせると、世帯年収1000万円でも厳しいです。

不要な大学を淘汰して、一部のエリートだけが大学に行く。
財源は一部のエリートに使う、などの対策をしないと、どんどん少子化していく可能性があります。

世帯年収が高くても教育費のことを考えて、2人目を躊躇する家庭もあります。
地方の場合、入学金、学費以外にも仕送りが必要になると大学在学中だけで1000万円をゆうに超えるお金が必要になるとも聞く。このことを考えると、大学進学が当たり前にできる時代もそう長くはないのではないかとすら思う。