新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日銀は円高を怖れて極端な緩和を続けているけれど、通貨の強さは国の強さに通じます。膨大な円建ての借金を抱えた政府は円安で実質的な借金が減り、企業は円建ての売り上げが膨らんで喜びますが、円建てで給料を貰うサラリーマンの懐は痛むのが通例です。企業の売り上げの増加にしても、量が増えてこそのメリットで、円建ての金額が増えるだけなら世界の中で地位を築くことに繋がりません。表面上の売り上げと利益が増えて経営者が楽できるだけ。要すれば、円安はサラリーマンの富を政府と企業に移すことでもあるわけです。 
ドル円相場が7年前の80円から110円に3割以上円安になり、賃金はさして上がっていませんから、世界の中で我が国のサラリーマンの賃金は実質的に3割方減っている。本当にそれで良いんでしょうか、ご同輩 (^_-)-☆
急激な円高になったら混乱が起きるのは間違いないですから対策は必要ですが、“円安信仰”の意味について考えてみる良いきっかけの記事であるように感じます ^^