新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
チャネルをコントロールして経営できるブランドは、こういった方向にいくでしょう。大概の企業は、ECプラットフォームを上手く“利用”した方がよい。ただし“頼る”と・・・そのうち「“タグをつけた商品を供給する業者”となり、顧客の体験やつながりは全てプラットフォームを吸収される」と捉えています。この感覚がわからなければ、まず顧客理解からスタートしましょう。
近年、数多くのファッションブランドや小売企業が事業コントロールの喪失を恐れてアマゾンでの販売を取りやめる動きがある。

アマゾンではいまだ第三者によって大量のナイキ製品が販売されており、偽造品の販売も横行している。実際のところ、そういった販売業者はアマゾンにとって大きな収入源である。

製品に強みがあるのだから、独自のECを持った方が良いと思う。少なくともアマゾン上の取引データは全てアマゾンが持ってる訳なので。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
187 兆円

業績

ナイキ(Nike, Inc.)は、アメリカ合衆国・オレゴン州に本社を置くスニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業。設立は1968年。ニューヨーク証券取引所に上場。 ウィキペディア
時価総額
28.4 兆円

業績