新着Pick
274Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
やれる範囲を見極めて考えるだけでなく動いてみる必要があるとのこと。その通りだと思いますが、なかなか難しいのが実態だと思います。ほとんどの会社のコーポレート部門は従業員の実態をあまり把握できていないから、適切な仕組みを作るのが困難なのです。会社の規模が大きくなればなるほど難しくなります。

とある会社では、働き方と給与のパターンを複数個用意して、従業員に好きなものを選択させる仕組みをとって、上手く経営を回しています。会社側が部門/職務内容ごとに働き方を見極めるのではなく、従業員が自分に有った働き方を見極めて選択するのです。結構大きな規模の会社なのですが、この方法で大成功されているので、現時点でベストな方法なのかもしれません。
大事なことは「メンバー全員が、本気で時短したい!」と考えていること、それなしには、何をやっても無駄です。

結局、会社や上から言われてやっても、何も実現しません。
理由は簡単で「やらされ感」で実施してしまうからです。